« 「駆けっ句365日生き急ぎ」2018水無月の巻 烏有 | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」2018葉月の巻 烏有 »

2018年8月 3日 (金)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 2018文月の巻 烏有

文月某日文月やマンマンデイにてけふを終ふ

文月某日断捨離やケイタイ、鬚とをばさらかちょん

文月某日・7月や荒梅雨片し明けを待つ

文月某日終活や攻める老兵黙して消ゆる

文月某日ユリの花しっかり根を張る半夏生

文月某日備へあれど小振り台風列島横切るかな

文月某日駆けっ句や虚実皮膜の間あり

文月某日「ヒヤ(常温)一杯!」お冷(ひや)の出てくるおもてなしかな

文月某日一天掻き昏し雨の匂ひに雷神誘ふかな

文月某日豪雨一過初蝉の声聞こゆる朝かな

文月某日冷やソーメンよっしゃ!食べる人が作るかな

文月某日警報や台風余波の降り戻しかな

文月某日朝餉より入れ歯小骨と格闘す

文月某日暑気祓ひいささか過ぎる水の嵩かな

文月某日明け間近南九州梅雨明くる

文月某日・行く末や漢の生き甲斐これにあり

文月某日ゴンドラに登らず日盛り雄姿撮る

文月某日立会いにペットボトルを手放せず 

文月某日仙人と呼ばれしそれがし梅雨曇り

文月某日風前のともし灯や入れ歯と鋏は使いよう

文月某日・クラクラと熱中症に合併症

文月某日清き水の水垢土砂の厄介さかな

文月某日一夜措きなしのつぶてのメール待つ

文月某日得ならずばうんともすんとも頬かむりかな

文月某日蒲焼のタレに染み入る丑の日かな

文月某日終活のおれがおれがの一線を引くかな 

文月某日土砂災害地球のきしむ時空ゆがむ 

文月某日朝からわしわし喚くいざ生きめやも

文月某日慎重に油断も隙もない大暑日ソーメンのダンピング現象に捉まる

文月某日炎天や重装備して往く街の中

文月某日朝採りの大地の恵みや七月尽

(つづく)

http://tnk7460.la.coocan.jp/uyuu.htm

|

« 「駆けっ句365日生き急ぎ」2018水無月の巻 烏有 | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」2018葉月の巻 烏有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/67016810

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けっ句365日生き急ぎ」 2018文月の巻 烏有:

« 「駆けっ句365日生き急ぎ」2018水無月の巻 烏有 | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」2018葉月の巻 烏有 »