« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 | トップページ

2018年5月 6日 (日)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 卯月の巻

   
 

「駆けっ句365日生き急ぎ」

 
 

烏有

 

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

 

2018年卯月ノ巻

卯月某日祈願祭夜半の雨にたたらるる

卯月某日改修の安全祈願やアンチエイプリルフールなれ

卯月某日おこぼれや鯛の馳走のあら煮かな

卯月某日捌くには出刃の備へのなきやうらめし

卯月某日神前の奉納土俵入りや花ふぶき

卯月某日殿の猪なべに何とかありつくる

卯月某日群れもせで一人はなみの気楽かな

卯月某日お城まつり花より団子に寄り添ふかな

卯月某日ゆらゆらと春爛漫の一分咲きかな

卯月某日落ちつばき難所の峠をワープする

卯月某日甘辛を併せ呑みたる花見かな

卯月某日 ・傘差して城下町のおしゃれかな

卯月某日しっぽりと中津の雨の風情かな

卯月某日赤壁に血の塗り込められたる歴史かな

卯月某日よだきい会降られてもよしさくら雨

卯月某日誰彼と失せし独立自尊の気概かな

卯月某日収穫や増田栄太郎との邂逅あり

卯月某日朋のあり酒池肉林の豪奢かな

卯月某日よか爺々友や紅顔美少年?時代へワープする

卯月某日いつかどこかで再会期して店(丸清)離る

卯月某日囀りやスーパー入り口ツバメより

卯月某日・花いかだ櫂より始めの一寸法師かな

卯月某日御衣黄やいのち立ち上ぐ春の宵

卯月某日ミスなしと願ひ叶ひてなしの花

卯月某日春愁やバーチャルに生きてリアルに死す 

卯月某日恒例の筍便や春の夕

卯月某日春の嵐浄土のあたりのいかほどや

卯月某日打ち上げの日取り待ち受く種子島かな

卯月某日こでまりの打てば響くの応へあり 

卯月某日紅花の栃の葉ひかる卯月尽

(つづく)

       http://tnk7460.la.coocan.jp/uyuu.htm

|

« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/66690586

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 卯月の巻:

« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 | トップページ