« あとがき(2013/3/15) | トップページ | 会報「希望」2013/4月号 »

2013年3月22日 (金)

ポポン まど みちお

ポ ポ ン

(まど・みちお少年詩集「つけもののおもし」p.113115,小海永二編,ポプラ社文庫より)

              まど みちお

タンポポは いつも

ポポン… と咲いているように見える

人間などが 生まれるまえの

ずうっと 大昔から

ほんとは ついこの間

地球のこのへんに すむ人たちが

タンポポと 名づけてからのことなのに

もしも その人たちが

タンケロと 名づけたのだったら

たぶん いまごろ

ケロン… と咲いていたろうに

また もしも

タンボヤと 名づけたのだったら

ボヤッ… と咲いていたろうに

タンポポが ポポン… と咲いている

おや あそこの田んぼの あぜでは

あんなに ポポン ポポン…と

わたげの花火うちあげて よんでいる

 -みんな おいでえ!

  タニシの うちに

あかちゃんが うまれたよう!

|

« あとがき(2013/3/15) | トップページ | 会報「希望」2013/4月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/57008572

この記事へのトラックバック一覧です: ポポン まど みちお:

« あとがき(2013/3/15) | トップページ | 会報「希望」2013/4月号 »