« 会報希望、2013/2/15発行 | トップページ | あとがき(2013/3/15) »

2013年3月20日 (水)

駆けっ句365日生き急ぎ(2013/弥生の巻)

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

2013年弥生ノ巻

弥生某日3月や芝生刈り込み草香る

弥生某日・アイディアの枯渇するころ日脚伸ぶ

弥生某日・拙速を勇み足して春の酔ひ

弥生某日・てんでんこに古稀まではと啓蟄

弥生某日・残り雪春の朝には雨となり

弥生某日・いつか行くつひの住処やがんの家

弥生某日・息を接ぐ出湯へ春の小雨かな

弥生某日・さきがけて大地潤ほす菜種梅雨

弥生某日・春一番兆しの一陣み空から

弥生某日・湯の花やとこや談義の勇ましく

弥生某日・菜種つゆ小雨に打たす露天かな

弥生某日・たんぽぽ(蒲公英)や等身大の足るを知る

弥生某日・みどりなす小雨にはなやぐあぢさいの芽

弥生某日・湯治場で軒遊びして春は暮れ

弥生某日・ふぐちりや孝行子のなさけかな

弥生某日・たゆたふやてふか吾レにかゆめうつつ

弥生某日wifiでるんるんるんと春の宵

弥生某日・までいなるもてなしこころや春の風

弥生某日・ノマドしてさくさくさくと草を喰む

弥生某日・よく見ればおたまへ孵るいのちかな

弥生某日・彼岸入り水仙の花の遅れ咲く

弥生某日・出湯して一点豪華な缶一杯

弥生某日・失せものと予定調和す春日かな

弥生某日・油断して足るを知りたる日永かな

弥生某日・見残しのさくらひとり観つぼみかな

弥生某日・せせらぎの調べや春をかなでけり

弥生某日・雨上がり沈丁花の香やきつし

弥生某日・雨上がりしだれ梅のしずくの光る

弥生某日・水温む101ちゃんの湧くがごとし

弥生某日・雨やどり瀬板の森の春浅し

弥生某日・地啼きよりさへずりへ変はる森の相

弥生某日・冴へかへる紅より赤しあおきの実(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 会報希望、2013/2/15発行 | トップページ | あとがき(2013/3/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/56994881

この記事へのトラックバック一覧です: 駆けっ句365日生き急ぎ(2013/弥生の巻):

« 会報希望、2013/2/15発行 | トップページ | あとがき(2013/3/15) »