« あとがき(2013/1/15) | トップページ | 会報希望、2013/2/15発行 »

2013年1月29日 (火)

『空白を満たしなさい』、平野啓一郎著

会報『希望』投稿

会員田中七四郎

2013/1/29

『空白を満たしなさい』、平野啓一郎著

 ー自殺者年間3万人時代に生きる智慧

 作品は死んだ人が生き返る(復生)社会の話である。主人公土屋徹生は一度死んで再びこの世に生き返った復生者である。彼は自分では自殺した覚えがないし自殺する理由もなかった。結果的には自分が自殺した決定的な証拠が明るみになり本人も納得する。それは自分の中に居る分人のなせる業だった。分人とは作者が提示している用語で、個人は一つの人格indivisualを持つのではなく、対人関係ごとに異なる人格dividualを分けることができるという考え方のことである。個人は複数の分人から成り立って居りそれがごく自然な考え方であるという。その分人の一つが彼を自殺に追いやった。作中、佐伯某という人物(警備員)が出来するがー丁度夏目漱石の絶筆『明暗』に出てくる小林某なる人物、主人公津田由雄の分身?の役回りに近いと筆者は考える。佐伯は土屋徹生の分人と考えられるが佐伯という分人が土屋を自殺に追い込んだのではなく、土屋の中の複数の分人同士が相重なり合って土屋を自死に追い込んだと筆者は推測する。作品は一人の人間が突然自死した場合、残された遺族(連れ合い、こども、両親)、同僚、そして周りの人たちがどんな気持ちをもって生きていくことになるのかということを考えさせられる。自殺対策を政府・自治体による制度面の改革だけから考えるのではなく、人間本来の自発的な動機の面からも考えてみる必要があるという根源的なことを作品は提言している。

 適度なる良い加減さの春の慈雨 烏有

参考文献:『明暗』、夏目漱石、新潮社、1987(昭和62)/6/15\560

『夢違』、恩田陸、角川書店、2011/11/15\1,800

『私とは何か』―「個人」から「分人」へ、平野啓一郎、講談社現代新書、\777

以上。

|

« あとがき(2013/1/15) | トップページ | 会報希望、2013/2/15発行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/56652292

この記事へのトラックバック一覧です: 『空白を満たしなさい』、平野啓一郎著:

« あとがき(2013/1/15) | トップページ | 会報希望、2013/2/15発行 »