« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月に作成された記事

2012年9月21日 (金)

あとがき(2012/9/12)

    事 務 報 告

◇915日(土)事務局西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第267号製本発送。

◇会報への投稿や製本のお手伝い等をして下さる方は、事務局までご一報ください。

あなたらしく生きる   

  あ と が き  

八月の終わりごろから朝・晩が急に涼しくなってきました。時に、日中はまだまだ暑い日もありますが、秋雨前線の影響で天候不順の日々です。睡眠を十分に取って夏の疲れを徐々に取りたいものです。

 七日が二十四節気の白露(はくろ)でした。朝早く起きて庭の芝生の中に生えた雑草を抜こうとすると、抜く手がじっとりと濡れてしまいます。季節の変化に敏感なのは人間だけではないのだということを実感させられます。また、拙寺の境内に住みついて5年以上にもなる野良猫の「みや」ちゃんも季節の変化に合わせて衣替えをしています。初夏から盛夏にかけて食欲もあまりなくやせてみすぼらしくみえましたが、最近は食欲も増し、抜け毛も止まって寒さ対策は怠りなしです。

李禹煥さんの少年時代の思い出に次のようなエピソードがあります。「幼い頃ぼくは、米を研ぎながら鼻歌を唄っている母に尋ねた。そんなにいつも同じことばかりしてどこが面白いの? 母は笑いながら言った。やっていることは同じことに違いないが、米を研ぐ感じは同じではない。水の冷たさで気持ちが引き締まる時もあれば、鳥の鳴き声で調子がつくこともある。米と水と手の息がぴったり合うこともあるし、おじいさんの怒る顔でメチャメチャになったりもする。どちらにしても私はこの米研ぎの繰り返しの中で生きなければならないからね。大きくなりながら、ぼくはこの時の母の話をどれだけ噛みしめたかわからない。」

このエピソードは「同一性と差異性」(『余白の芸術』)というむずかしい題のエッセイの中で語られているのですが、作品を作るにあたって「頭の中に出来上がったイデーの再現を目指」さす(同一性)のではなくて、「どのようなものを作るかは予め決めてあっても、制作の現場ではいろいろな外部性が作用して、どうしてもズレてしまいがちである(差異性)。現場の感覚は、関係性の生きもの」だという李さんの作品制作の原点(現点)として語られているのです。このエッセイにはもともと理詰めで理論武装し、世界(他者、他物)との関係性を欠いた観念的で独りよがりのオブジェ作品が量産されている現代美術のありかたへの批判がこめられているようです。しかもこの李さんの批判は、洋の東西を問わず混迷している現代社会への批判も射程内に入っていて傾聴すべきものが多々あるように思います。あらかじめ構想された理念は現実によって改変を余儀なくされ、厳しい現実は、壮大な理念の構築物を想定外と言わしめて軽々と越えて行く。現実は非同一的現象として現象し、あらゆる「もの・こと」を対象的に見、聞き、考え、自我意識の内側から分別判断する自我中心主義者にとって、当初、頭脳の中で構想されていたプランは仮想現実(虚像)にすぎなかったということを思い知らされることになります。由々しきことではあります。以下、次号。

今月から世話人の新木真理子さんが井上佐代子さんに代わって、会報の編集とコピーを担当して頂くことになりました。どうぞよろしくお願いします。

9月12日(T

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「風と陽射しと私」

「風と陽射しと私」

           柴田トヨ

     (柴田トヨ著「くじけないで」飛鳥新社p52より引用)

風が

硝子戸を叩くので

中に入れてあげた

そしたら

陽射しまで入って来て

三人で おしゃべり

おばあちゃん

独りで寂しくないかい?

風と陽射しが聞くから

人間 所詮は独りよ

私は答えた

がんばらずに

気楽にいくのがいいね

みんなで笑いあった

昼下がり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

2012年長月ノ巻

長月某日・つかの間のクルージングや夏の潮

長月某日9月やいまを息接ぐ歩みかな

長月某日・衣替へかねての年より暑くるし

長月某日・大風を突いて飛び込む秋の虫

長月某日・死んだふりせみの骸の飛び立てり

長月某日・粛々とはやけりをつけ夏果てる

長月某日・虫の聴くいまを占ふけふの生き死に

長月某日・長月や良いかげんさの自由かな

長月某日・壺中には秋の収穫実りけり

長月某日・キラー細胞笑ひましょとがん語る

長月某日14夜あまねく浴びる9.11

長月某日・真実は口ごもりつつ虫すだく

長月某日・法師ぜみつくつくほうしと夏果てる

長月某日・名月を追っかけいく度短夜あけ

長月某日・森の道あまたの茸に蛇行する

長月某日・野の道や萩咲きこぼるをかき分けて

長月某日・やぶ蘭通り休むに似たりを行き戻り

長月某日・赤ソバ畑のまぶたに焼付けアーカイブ

長月某日・壺中天五感に留むる虫の声

長月某日・やり過ごすどぎつき茸の徳のなし

長月某日・ころあひを読みておさおさ彼岸花

長月某日・靴底の萩のはなびら洗ひけり

長月某日・天高し墓の周りの草を抜く

長月某日・お供へに一茎添へし彼岸花

長月某日・武士道や油断盗みて燗の酒

長月某日・壺中天どこでも修行へ秋の風

長月某日・あるがまま神を畏るる途遠し

長月某日・幾星霜利他的遺伝子ほしいまま

長月某日・今年また七生報国死んだまま

長月某日・おじけずに吾レにまとはる秋のてふ(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れられない看護エピソード受賞作品(2012年度)最優秀賞 

「楽しい話とすてきな笑顔と安心を」

                      愛媛県 森田欣也さん

    (公益社団法人日本看護協会<協会ニュース>2012.6.15 Vol.539より引用)

 私にはまだ、五円玉の穴ほどの目、大きな口、だんご鼻、福耳、まぁるい言葉が残っていることを教えてくれた。

 ポキポキポキ。枯木でも折るような音が、青空に響き渡った瞬間、体の自由、心の自由、夢、生きる希望。すべて一瞬に失った。18歳だった私に突きつけられたのは、第3頸椎脱臼骨折というあまりにも厳しくて、受け入れることのできない現実だった。7年ほどの入院生活の後、四肢麻痺の障害が残ったまま自宅へ帰った私のところに、近所の小さな病院から、当時まだ珍しかった訪問看護師が来てくれるようになった。まるで壊れたロボットのような私に、毎回、毎回、毎回、楽しい話をたくさんしてくれていたある日、何かに気付いたように「俳句作ってみない? 次までに一句ね。」と指切りされた。

  来客の姿 日増しに 雪だるま

 そんな小学生の宿題のような俳句を「上手、面白い、うまいやん、すごい」と、とにかくほめてくれた。胸のあたりがなんかムズムズしてきた。

窓を開けると、鉛のような雲が、ひらがなのような雲に変わっていた。つくしやふきのとうがおいしく感じられた。雨ににおいがある事を知った。眠れなくて怖いだけだった夜も、虫の声に「必死に口説いているんだろうな」と、想像するだけで楽しくなってきた。

 来る日はウキウキし、来られない日はスースーする。これからも俳句を続けて、生きている証の本を「いつか絶対に出そう」という話にワクワクしてきた。百回の「ありがとう」に、百一回の「ありがとう」を返してくれる、その笑顔にドキドキする。そしてもうひとつ、大切な大切な心が残っていたことを教えてくれた。

 あの日から、20年近く経った今でも、心の訪問看護に来てくれている。楽しい話とすてきな笑顔と安心を、たくさんたくさん持って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »