« 回想「回復句」100 ーアラコキや思へば遠くへ来たもんだ | トップページ | 「自衛する老後」書籍紹介、「希望」投稿。 »

2012年6月26日 (火)

あとがきなど(2012/6/15)

       

事 務 報 告

526日(土)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第263号製本発送。

◇会報掲載の原稿の投稿や製本のお手伝い等して下さる方は、事務局までご一報ください。

616日の例会、激しい雨の中、ご参加いただきありがとうございました。

あなたらしく生きる

    

  あ と が き  

夏至(二十一日)を目前にして、今年は台風4号が紀伊半島方面に上陸しようとしています。早い時期の本土上陸は平成16年以来だそうです。この年は何度も上陸して、特に兵庫県地方に大水害の爪痕を残したことを記憶しています。紀伊半島は昨年に引き続きですから、大きな痛手を被らないように祈りたいと思います。風よりも雨量が気になるところです。

 六月は別に水無月(みなづき)とも言いますが、梅雨の季節なのにどうして? とけげんに思われている向きもあるかもしれません。これは旧暦六月の異称であって、太陽暦で言えば七月ごろのことです。梅雨が明けてカンカン照りの日が続き、水が枯れる真夏の季節をさして言われたのでしょう。陰暦に従えば、梅雨は五月雨(さみだれ)とも言います。二十四節気の夏至は太陽の運行をもとにしていますから別に問題はありません。

 この時期を彩る花と言えば、紫陽花(あじさい)、杜若・燕子花(かきつばた)、花菖蒲(はなしょうぶ)でしょう。紫陽花は花弁のようにみえる萼片(がくへん)の薄紫色からつけられたのでしょう。別名、四葩(よひら)、七変化(しちへんげ)とも言うようです。杜若はともかく燕子花は燕が羽を広げた形に見えるからでしょう。菖蒲は漢名で白菖と言われているそうですからそのあたりからつけられたのでしょう。いずれにしても、「あじさい」と「かきつばた」という読みは当て字というほかありません。こと花の名前に関しては、漢字と音読みがまるで違う例をあげると無数あってため息が出、覚えるのに一苦労します。日本語のひとつの特徴なのでしょうか。漢文で書かれた御経の文句を棒読みするのとは、その意味合いも目的も全く違うようです。

 当て字ということで思い出したのですが、最近の子供の名前も親に聞かないと全く読めない名前が増えてきました。いつから国語政策が変わったのか、うかつにも知りませんでした。漢字そのものには親の願いや思いがこもっていてそれなりの流行があるのは従来通りですが、読み方が花の名前と同様に当て字というほかない名前が闊歩しています。保育園や幼稚園の先生に聞くと、名前を呼ぶのに一苦労するとか。名簿には必ずふりがなの欄があるそうです。いわゆる「オンリーワン」への志向や思いが強いのでしょうか。願わくば、「真の自己」の発見へとつながればいいのですが

6月19日 (T

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

|

« 回想「回復句」100 ーアラコキや思へば遠くへ来たもんだ | トップページ | 「自衛する老後」書籍紹介、「希望」投稿。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/55058627

この記事へのトラックバック一覧です: あとがきなど(2012/6/15):

« 回想「回復句」100 ーアラコキや思へば遠くへ来たもんだ | トップページ | 「自衛する老後」書籍紹介、「希望」投稿。 »