« 会報希望264号、2012/6/15 | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »

2012年6月26日 (火)

2012/6例会報告ほか。

平成246

世話人  M.Y

紫陽花の花が雨に打たれ、小刻みに揺れる大輪を見て梅雨入りを実感している

今日この頃です。

目で見て、心で感じる。耳で聴き、心で感じる…そんな自然な感じ方を、日々の忙しさで忘れてしまいがちですが、感じる力を呼び起こして

全国骨髄バンク推進連絡協議会主催2012年度ボランティア大会

6月2.3日に青森県で行われた集いに「北九州がんを語る会」も、参加してきました。

2日の土曜日は、日本全国から集まった推進連絡協議会メンバー、ボランティア150名ほどによる「つなげよう・伝えよう いのちのメッセージ」のスローガンの下、集いが行われました。

読み聞かせ「いのちのメッセージ」では、患者さん・家族・ドナーさんからの手紙が、朗読されました。それぞれの立場での「いのち」のメッセージ…

毎回聞く度に、胸にジーンと込み上げてきます。

パネルディスカッションでは、元患者・家族・ドナー経験者・命の授業に取り組む養護教員がパネリストとなり、「いのちのメッセージ」をつなげ・伝えている活動が紹介されました。

小学生の頃から「いのち」の問題に触れさせる場面を作る教師と、伝える患者・ドナー体験者。

幼いわが子を亡くした母親が、子供の育てた「朝顔」の種を体験談と共に日本各地に、分けていき今では、その種が翌年の種に…と、確実につなげ広めていっています。

この種を昨年、私も貰う事ができ去年の種は、小さなお子さんを持つお母さんに話しと共に、つなげました。

今年は、その方々が更につなげて下さる事でしょう。

最後に行われたミニコンサートでは、オペラ歌手による「いのち」に関する歌を聴くことが出来ました。その中でも、いのちの理由(さだまさし:作詞作曲)を聴いた時には、詩の美しさとバリトンの力強い歌声に、感動の余り涙がこぼれました。

皆さんは、この歌をご存知ですか?素敵な歌詞です…

-1-

私が生まれてきた訳は 父と母に出会うため

私が生まれてきた訳は きょうだい達に出会うため

私が生まれてきた訳は 友達みんなに出会うため

私が生まれてきた訳は 愛しいあなたに出会うため

春来れば 花自ら咲くように

秋来れば 葉は自ら散るように

幸せになるために 誰もが生まれてきたんだよ

悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように

例会 産業医科大学 がんセンターがん相談支援室 がん相談支援員

角 美穂子看護主任による講演

去る6月16日(土)14時~16時に行われた例会に、足元の悪い中を、14名の参加の中、角先生によるがん相談についてのお話がありました。

「がん相談支援センター」は、北九州市内のがん診療連携拠点病院(北九州市立医療センター・九州厚生年金病院・産業医科大学病院・戸畑共立病院)に、設置されています。

また役所にも「地域在宅医療支援センター」を設置しており、在宅においての

緩和ケアを希望する患者・家族の相談・支援を行います。

がん診療連携拠点病院では、この病院に掛かっていなくても利用が出来ます。

角先生の在籍する、産業医科大学の「がんセンターがん相談支援室」も月曜日~金曜日(休日は除く)の8時30分~17時まで利用出来ます。

前もって電話、もしくは直接出向いて構いませんとのお話でした。

角先生の方で受けた、平成23年度の相談内容として一番多かったのは、

緩和ケアについて次いで、在宅ケアについて、転院、精神面、セカンド・オピニオン、医療費について等が多かったそうです。

相談支援の為の、国立がん研究センターがん対策情報センター発行の冊子等のツールを使用して、相談内容に答えてくれます。

今までも沢山の患者さんや家族さんとお話をする機会があった中で、一番よく耳にした悩みは、在宅療養をしたいが設備や訪問看護・在宅医師をどこで誰に相談して聞けばよいのか…でした。

-2-

この機関を利用して悩み・相談の糸口をと、角先生もおっしゃっていました。

在宅療養でQOL(生活の質の向上)を落とさない為にも、制度の利用や選択枠を広める事も大切な治療の一つと感じました。

今回、角先生が講演資料や冊子を用意して下さり、予備として事務局にも置いて下さっています。

ご入用の方は、お知らせ下さい。

わっしょい百万夏祭り「百万踊り」参加決定!

今年も骨髄バンクボランティア、産業医科大学 医生祭骨髄ボランティア部の学生さん達と百万踊りに参加が決まりました!

今年も楽しく・元気にバンク登録のPRをしよう!!をテーマに、準備に入りました。

今年は、8月5日(日)に開催されます。

是非、派手な色のTシャツを見かけたら声を掛けて下さいね。

飛び入り参加も、可能です。

夏の盛りの暑さを、元気に吹き飛ばし花火観覧しながらの、打ち上げも今からの楽しみです!

-3-

|

« 会報希望264号、2012/6/15 | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/55058570

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/6例会報告ほか。:

« 会報希望264号、2012/6/15 | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »