« 2月の例会報告他 | トップページ | 事務報告 »

2012年3月27日 (火)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

2012年弥生ノ巻

弥生某日・朝には酌のもてなし食市食座

弥生某日・春浅し木々のまにまに人語あり

弥生某日・春の川水かさ増して歌戻る

弥生某日・ものさしを三つ四つ持てる青き春

弥生某日・生き死にを前倒しして春憂ひ

弥生某日・沈丁花仕込みおさおさ春を待つ

弥生某日・ていねいな再考を謝して春暮るる

弥生某日・銘店の列に並びて人に酔ふ

弥生某日・人いきれ早々に退散春の宵

弥生某日・熟年の離婚怖しパシリ任

弥生某日・たぎる気をやさしく鎮める春の雨

弥生某日・日々は特別の日なりなひ揺るる

弥生某日・列島を揺るがす大なひ春浅し

弥生某日・なひのあと妖しき余震春未だ

弥生某日・日本列島不沈空母にあらずなり

弥生某日・なひ揺れて偏正回互の寒戻り

弥生某日・日日の念仏唱ふなひの朝

弥生某日・森へ入りメメント・モリ憶ゆかな

弥生某日・粛々とフォーラムこなす春の午

弥生某日・おおつなみ非日常の春を呑む

弥生某日・春雨に苫屋の水仙嬉々とみゆ

弥生某日・探梅に行きてさんしゅゆにめぐり合ふ

弥生某日・梅林や谷の南高傾聴す

弥生某日・片耳を傾けかざすほーほけきょ

弥生某日・アカシアの花にさそはれ一人出湯

弥生某日・潔し秘すれば花の春かすみ

弥生某日・回転すし目許涼しき若板長

弥生某日・悠々と攻むる日々彼岸逝く

弥生某日・声を置き水面をすべるクルーかな

弥生某日・雨やどり瀬板の森の春浅し

弥生某日・風車七色の風を顔に受け

弥生某日・なゐつなみ万骨さらひて春暮るる(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 2月の例会報告他 | トップページ | 事務報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/54321604

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 :

« 2月の例会報告他 | トップページ | 事務報告 »