« 事務報告 | トップページ | 術後19年を生かされて、-在宅でネンネンコロリがんコロリ »

2012年3月27日 (火)

会報夢眠、261号、2012/3/15発行

2012年3月15日 発行 

会 報   

(

のぞみ

)

  第261号

北 九 州 が ん を 語 る 会

4の例会のご案内

―患者、家族が医療者と普段着でがんを語る―

日 時 平成24421日(土)14001600

会 場 事務局 西安寺 TEL093-561-5320

      北九州市小倉北区木町2丁目12-34

      日豊本線、南小倉駅下車。紫川に向かって徒歩5

演 題 術後19年を生かされて

    -在宅でネンネンコロリがんコロリ-

講 師 会世話人 田中七四郎さん

    北九州市小倉北区金田1-3-31-207 電話 : 093-591-8690

  主 催 北九州がんを語る会

参加費 500

  内容:会世話人の田中七四郎さんが告知されたのは平成5年、50才の年でした。毎年受診していた会社の定期健診で見つかり胃の4/5を摘出。手術は無事成功、その後今日まで19年間生かされています。今回、患者の立場から種々体験した道程を率直にお話し、その後参加者のみなさまと一緒にがんと死について語り合い、考えて見たいと思います。がんに罹られていない方々、或いはご本人、ご家族の方々が、突然がんに罹られたときの心構えや考え方のヒントにしていただくことを目的として開催します。

  会員さん以外の方の参加も自由です。お気軽にご参加下さい。

あなたをひとりぼっちにはしない!

|

« 事務報告 | トップページ | 術後19年を生かされて、-在宅でネンネンコロリがんコロリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/54321636

この記事へのトラックバック一覧です: 会報夢眠、261号、2012/3/15発行:

« 事務報告 | トップページ | 術後19年を生かされて、-在宅でネンネンコロリがんコロリ »