« 駆けっ句365日生き急ぎ(神無月の巻) | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »

2011年10月24日 (月)

あとがき(2011/10/15)

        事 務 報 告

917日(土)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第255号製本発送。

あなたらしく生きる

  あ と が き  

今日は秋晴れの好日。朝は肌寒く、芝生は露をたっぷりとたくわえていました。まばらに落ちた銀杏の葉を掃くと、土がべっとりとこびり付いてきてやや重く感じられます。

 十月九日は、二十四節気の寒露と旧暦の九月十三日(十三夜・後の月)が重なりあいました。秋は盛りに見えますがもう晩秋に入ったのです。子供のころ、栗とさつまいもを三方に盛って月見をしていたことが懐かしく思い出されますが、今にして思うとあれは中秋の名月ではなくて十三夜だったようです。中秋の名月のころは時期的に台風襲来の季節でもあり無月が多く、また地域柄暑くもあり、栗やさつまいもの収穫はまだ早かったのです。十三夜のころになると夜は肌寒く暖かい食べ物が恋しくなる季節でもあります。栗やさつまいもはコメより一足早く訪れる秋の贈り物だったのでしょう。

母が煮る栗あまかりし十三夜    能村 登四郎

 

さて、晩秋ともなると一日中の温度差が10度以上になることも稀ではありません。まだ暖房機器を入れるほどでもないし、着る服で調節するしかありません。夜具も同じです。これは昔からそうだったのでしょう。この時期の微妙な寒さに対する感受性の多様さ・鋭さを知るには俳句歳時記が一番でしょう。今回は長谷川 櫂さんの「日本人の暦」(筑摩書房)と「俳句歳時記 新版」(角川書店編)に拠ることにします。

【秋】秋寒(あきさむ)、そぞろ寒、やや寒、肌寒、うそ寒、朝寒、夜寒(よさむ)、かりがね.寒、冷やか、身に入む(みにしむ)など。以下、私の眼にとまった句をどうぞ。

秋寒くなりゆく竹を愛すなり  角免 栄児(竹は秋に盛りを迎えるらしい)

雲二つに割れて又集るそゞろ寒  原 石鼎(膚に感じる秋の寒さ)

朝餉なる小かぶがにほうやゝ寒く  及川 貞

肌寒や妻の機嫌子の機嫌  日野 草城

  うそ寒の水銀玉となりたがる  和田 悟朗

  朝寒や妻病んで皿かく多し  遠藤 とみじ

  母とわれ夜寒の咳をひとつづつ  桂 信子

  鴈や残るものみな美しき  石田 波郷(鴈は晩秋の渡り鳥)

  冷えきりて贋福耳や四十過ぐ  森 総彦

  野ざらしを心に風のしむ身かな  松尾 芭蕉

  家にゐて旅のごとしや秋の暮  長谷川 櫂

最後に番外編ですが、十月十三日に急逝された辱知の先達・今村元市先生を偲んで歌集「天籟」(2010年1月1日発行)より、

生きてあり睡蓮の花の白きが台風過ぎし泥池の中に  今村 速男

10月20日 (T

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

|

« 駆けっ句365日生き急ぎ(神無月の巻) | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/53074762

この記事へのトラックバック一覧です: あとがき(2011/10/15):

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/10/25 09:40) [ケノーベル エージェント]
北九州市小倉北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 09時40分

« 駆けっ句365日生き急ぎ(神無月の巻) | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »