« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年7月に作成された記事

2011年7月23日 (土)

あとがき(2011/7/15)

        事 務 報 告

618日(土)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第252号製本発送。

あなたらしく生きる

  あ と が き  

今日は土用の入り。明日が土用の丑の日です。二十四節気の大暑は23日ということです。土用は、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間それぞれにあるそうですが、立秋前の土用がいちばん有名で一般的です。台風6号は四国沖から紀伊半島沖を迷走中で被害が心配されますが、当地は現在のところ大過なく通り過ぎたようです。今年は何度か台風の上陸があるかもしれません。

 日本の夏は高温多湿ということもあり、昔から疫病退散を願って都市を中心にして祇園祭が盛んに行われてきました。博多祇園山笠、小倉祇園太鼓は済みましたが、京都の祇園祭は山鉾巡行こそ17日に終わりましたが、1日から31日までひと月にわたって様々な行事が行われるのだそうです。大阪の天神祭(天満祭)は25日にクライマックスを迎えるそうです。

 毎号、世話人の田中さんの俳句(「駆けっ句365日生き急ぎ」)が掲載されています。田中さん自身の身辺で起こる出来事・心象風景がしのばれて、ほっと一息をつかさせてもらっています。田中さん自身の日記とも受け取れますが、一日一日を大事にされている様子がうかがわれます。世相や季節の移り行きにも敏感でユーモアと柔軟な心使いが一句一句に息づいているようです。一日一日を大事に生きるというと肩肘張った生き方が想像されますが、本来はそうではありません。田中さんの句に「偏正回互」(へんしょうえご)という禅の言葉が使われることがあります。晩年の夏目漱石が好んで使った「明暗雙雙底」(めいあんそうそうてい)という言葉とともに、その語意は差別の現象界(偏位・明)と平等の絶対界(正位・暗)が互いに相即し融合している私や私たちの平常底(日常底)に足を着けて一人、一人代替のきかない自分の人生を生きるということでしょうか。しかも、日常そのものは部外者(傍観者)として差別の現象界と平等の絶対界を二元的に分けて、対象的に見る事も知る事もできませんから、生きている時は煩悩と不安のうずまく日常を生きるのみです。「不安なままで安心」とか「安心して悩む」とか「悠々として生き急ぐ」とか「悲惨なままで円満」といった一見矛盾した表現が生まれるのは、私たちの意志や意欲を働かせるに先立って、私たちの日常に平等の絶対界が直接しているからです。絶体絶命の状況におかれているにもかかわらずユーモアを失わない源泉もそこにあるのです。

来月号に案内を掲載しますが、9月10日(土)に例会を開催します。どうぞご期待下さい。                       7月20日 (T

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉武 昌子 便り。

平成23718

吉武 昌子

暑い日々が連日、続いていますが皆様 いかがお過ごしでしょうか?

夏バテ対策に、梅酒・杏子酒・プラム酒を作りましたが考えてみれば、出来上がる頃には秋口かな…と(笑)。

強い朝日がリビングに差し込むためプランターに朝顔・夕顔の苗を植え、蔓のカーテン作りに挑戦しましたが…思うように蔓が伸びてくれなくて、今もサンサンと日が射しています(笑)。

今年は、屋内での熱中症による救急搬送が頻繁にあるそうです。室内温度を適度に保ち、汗をかいていなくても水分摂取をこまめに行ってください。

7月9日(金)イオンモール大牟田で、献血並行登録会が行われました。

久し振りに参加した、献血並行登録会。ワクワクしながら出向いた大牟田市…長き道中で

2時間半かけて辿り着いた時には、すでに数人の方がバスに乗り込み、ドナー登録説明を受けていました。

献血参加者  67名

ドナー登録者 17名

登録説明を行う私達に「頑張れ!」と、エールを送ってくれた年配の男性。休憩時間に駆けつけて参加してくれた女性。今回も、優しい気持ちに触れる事が出来ました♪

~今後の献血並行登録会予定~

7月28日(木) 宗像市役所にて    10時~16時

8月23日(火) 新宮町シーオーレにて 10時~16時 

お近くにお越しの祭は、覘いて観て下さい。

わっしょい百万夏祭りに、むけて…

骨髄バンクボランティア福岡さん、産業医科大 医生祭実行委員さん、某病院 H先生と共に百万踊りに参加のため、6月下旬から説明会や踊り講習会に出向き準備を進めています。今年は、震災の影響もあり「北九州の祭り」よりも北九州の元気(エール)を、被災地に届けよう!と、力を注がれています。

正調の踊りに「頑張ろう!日本!」の掛け声を加える等、踊りの講習会にも参加しましたが、お腹の底から「頑張ろう!日本!」と、拳を高々と上げると不思議と祭りに対するモチベーション?が上がります。1時間半後には、汗だくで踊り果てている私を横目に産医大の学生さんは「お疲れ様でした!!」と、清々しく息切れすることなく会場を後にされています。違いは、「若さ」以外の何でもない事を思い知りました(笑)。

沢山の企業の方々とも、お話の機会が持てた事も良い経験となりました。

踊りの講師をされている、藤間先生も面白く、可愛い先生です!!

楽しみながら祭りの準備ができ、若者達との会話も笑いが絶えません。

皆さんも、お祭りに出向かれた折 私達の団体を見付けたら、声を掛けて下さいね!

(バンク団体の方は、派手なTシャツです…)

学生さんも、私達も今回の参加の趣旨は、「北九州市民に団体の事を知ってもらおう。病気の事を知ってもらおう。」です。来年・再来年と参加していける事で、役に立てればと思います。

~九州厚生年金病院 研修会 一部変更のお知らせ~

先月号でお知らせしました、がんに関する研修会についての一部変更が九州厚生年金病院よりありました。

―健康教室―

 「在宅における褥瘡ケア」8月19日(金曜日)11:00~12:00

                 ↓  

            10月14日(金曜日)11:00~12:00

上記、変更となっていますので、ご確認下さい。

学校で子供が「打ち水」の勉強をしたと、私に説明してくれました。それから毎晩、狭いベランダに風呂の残り湯を撒いています。なんとなく、網戸越しに入ってくる風が涼しく感じられます。水が蒸発をする時に、地中の熱を取って行くそうですが、その差2℃もあるそうです。打ち水はお昼から撒く方が、効果があるとも言われます。節電ブームを別としても我が家のリビングは、夕顔の苗や打ち水で濡れたベランダ、果実酒の瓶が並んで、いつもと違う夏のリビングと化しています。

なでしこJAPAN、強豪アメリカチームを破り日本人の底力を見せてくれましたね。

やれば出来る、諦めない、楽しんで好きな事をする…選手達が、いつかテレビでコメントしていました。

この時期に嬉しくなるニュースで、思わずテレビの前で歓声をあげてしまいました。

頑張る姿の美しさや力、観ている方にも力や勇気を与えてくれますね。

明日から、また頑張ろう!!と、思えました。

次回の会報「希望」では、百万祭り参加のお話をお伝えしたいと思います。

なでしこJAPANの様に、楽しんで好きな事をして一人でも多くの方に伝えたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆けっ句365日生き急ぎ 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

文月ノ巻

文月某日・遡る疏水のはては神社あり

文月某日・梅雨闇やくちなしの香のきつしかな

文月某日・・アガパンサス日本列島つゆの青

文月某日・夏の峰大極殿よりよしきり啼く

文月某日・宮の跡1300年前の夏の雲

文月某日・はるけしやそびゆる鴟尾の夏の空

文月某日・西の塔東の塔より照り返す

文月某日・大伽藍西域より青田風

文月某日・緑なす久住高原たたなづく

文月某日・はかなしやあはれみの情にねむの花

文月某日・寝苦しき短夜はしくなしW杯観る

文月某日・神々し青梅雨の森の匂ひかな

文月某日・傘さしてただ雨降る森の風情かな

文月某日・警報の川を横目に暴れ梅雨

文月某日・荒梅雨やいきなり迫り来濁流

文月某日・初蝉や集中豪雨に声を無し

文月某日・梅雨さなかテントの中よりバチの音

文月某日・ヒップホップ梅雨明け間近の稲光

文月某日・つゆ闇や山モモの実のほの白し

文月某日・梅雨明けや太鼓祇園の弾ける

文月某日・梅雨明けや岩清水で足浸す

文月某日・豪雨去り紫の色蘇り

文月某日・雨の森ネムの花見て折り返す

文月某日・口福は目覚めてすいかの大暑かな

文月某日・アガパンサス一花残して摘み取られ

文月某日・梅雨上がる空ゆくるりと動的平衡

文月某日・ででむしやさるく跡に道はでき

文月某日・夏の朝祭りの後のけだるさ

文月某日・五段上げ見届け祭りを後にする

文月某日・鷹揚に前を譲るや提灯大山笠

文月某日・祭り果て13夜の下天かな(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会ご案内

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会

1360071 東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル5

中皮腫・じん肺・アスベストセンター内

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会

電話番号:03-5627-6007 FAX03-3683-9766

20110719

各  位

北九州 アスベスト健康被害相談会と

患者と家族の集いの開催について

 私たちの活動に対する、日ごろのご支援とご協力に御礼を申し上げます。

 2004(平成16)年27日、日本で初めて、中皮腫の患者本人が参加する全国的な「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」が設立されました。この会は、アスベスト疾患(中皮腫、肺がん、石綿肺、石綿胸膜炎、良性石綿胸水、びまん性胸膜肥厚など)になった患者とその家族が主体となって構成されています。

 この会のお世話をさせていただく事になりました私達ですが、私たちも悪性中皮腫やその他のアスベスト疾患にり患した患者と家族であり、アスベストによって家族を亡くした遺族でもあります。私たちは、設立からの約7年間、以下の3点を柱に活動を進めてきました。第には、病気になった者とその家族同士の交流の場づくり。第には、原因を明らかにする事を通じ労災保険の適応あるいは環境災害としての救済のお手伝い。第に、患者と家族のおかれる実情を十分調査し、医療関係者と行政関係者と関連する企業へその声を伝える活動です。その結果、現在、全国に11の支部が誕生し、地域の特色を活かした活動を進めています。

 公害としてのアスベスト被害が明らかとなったクボタ・ショックから6年が経過しましたが、アスベスト被害はこれからさらに拡大が予想されており、福岡県においても被害者の掘り起こしと救済の課題は急務です。特に北九州は、鉄道・造船・港湾・建設・鉄鋼などのアスベストを大量使用してきた企業や、アスベスト製品を製造していた企業が多数あり、被害者の救済はまだまだ進んでいません。

そこで今回、私たちは、被害者の掘り起こしと救済に取り組むため、そしてアスベスト被害の実情を知っていただくために、下記の日程でアスベスト健康被害相談会と患者と家族の集いの集いを企画しました。

つきましては、ご参加をお願いするとともに、多くの方々にご紹介いただきますようお願いします。

1.アスベスト健康被害相談会

 ◆ 日時: 7月31日(日) 9時30分~16時30分

◆ 会場: 北九州市立商工貿易会館(シティプラザ)603号

      *モノレール旦過駅すぐ

       小倉北区古船場町1-53 / 093-541-2184

◆ 内容: 個別面接形式による、アスベストによる健康被害に関する相談対応。

      どんな事でもお気軽にご相談下さい。

相談は無料。予約は不要。

      直接、会場にお越しいただければ順番に面談を行います。

◆ 相談スタッフ: アスベスト問題に取り組む下記の団体の専門相談スタッフ

アスベストセンター/中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会/関西労働者安全センター/NPOひょうご労働安全衛生センター/

2.アスベスト問題 講演会

 ◆ 日時: 7月31日(日) 13時30分~16時30分

◆ 会場: 北九州市立商工貿易会館(シティプラザ)603号

      *モノレール旦過駅すぐ

       小倉北区古船場町1-53 / 093-541-2184

◆ 内容: 患者と家族同士の意見交換、情報交換、交流

*この「集い」はオープン企画ですので、アスベストを原因とする疾病の患者さんやご家族の方でしたら、どなたでも参加自由です。

参加費も必要ありません。

連絡担当:中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会

事務局長       植草 和則

九州支部準備会世話人 峰平あけみ

以 上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »