« 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会ご案内 | トップページ | 吉武 昌子 便り。 »

2011年7月23日 (土)

駆けっ句365日生き急ぎ 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

文月ノ巻

文月某日・遡る疏水のはては神社あり

文月某日・梅雨闇やくちなしの香のきつしかな

文月某日・・アガパンサス日本列島つゆの青

文月某日・夏の峰大極殿よりよしきり啼く

文月某日・宮の跡1300年前の夏の雲

文月某日・はるけしやそびゆる鴟尾の夏の空

文月某日・西の塔東の塔より照り返す

文月某日・大伽藍西域より青田風

文月某日・緑なす久住高原たたなづく

文月某日・はかなしやあはれみの情にねむの花

文月某日・寝苦しき短夜はしくなしW杯観る

文月某日・神々し青梅雨の森の匂ひかな

文月某日・傘さしてただ雨降る森の風情かな

文月某日・警報の川を横目に暴れ梅雨

文月某日・荒梅雨やいきなり迫り来濁流

文月某日・初蝉や集中豪雨に声を無し

文月某日・梅雨さなかテントの中よりバチの音

文月某日・ヒップホップ梅雨明け間近の稲光

文月某日・つゆ闇や山モモの実のほの白し

文月某日・梅雨明けや太鼓祇園の弾ける

文月某日・梅雨明けや岩清水で足浸す

文月某日・豪雨去り紫の色蘇り

文月某日・雨の森ネムの花見て折り返す

文月某日・口福は目覚めてすいかの大暑かな

文月某日・アガパンサス一花残して摘み取られ

文月某日・梅雨上がる空ゆくるりと動的平衡

文月某日・ででむしやさるく跡に道はでき

文月某日・夏の朝祭りの後のけだるさ

文月某日・五段上げ見届け祭りを後にする

文月某日・鷹揚に前を譲るや提灯大山笠

文月某日・祭り果て13夜の下天かな(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会ご案内 | トップページ | 吉武 昌子 便り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/52284860

この記事へのトラックバック一覧です: 駆けっ句365日生き急ぎ 烏有:

« 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会ご案内 | トップページ | 吉武 昌子 便り。 »