« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月に作成された記事

2011年6月17日 (金)

あとがき(2011/6/15)

        事 務 報 告

521日(土)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第251号製本発送。

◇元宮城県知事の浅野史郎さんの新聞掲載記事、今月号で終了します。

あなたらしく生きる

  あ と が き  

順調に梅雨入りとなり、現在のところ恵みの雨をもたらしているようです。熊本の方はやや降り過ぎのようですが。だらだらと降り続けると嫌な季節だということになり、空梅雨だと真夏の水不足を心配しなければなりませんし、梅雨は日本人の生活にとって深い関りをもっていることに気付かされます。北海道には梅雨がないということですが、青森県以南とは微妙に暮らし向きが違うのでしょうか? 直接的であれ間接的であれ、いずれにせよ全く無関係だというわけではないでしょう。

近年の梅雨の傾向として、陽性型に変わりジトジトした感覚が薄れてきたようにも思われます。昔は畳替えして間もないころに梅雨を迎えると、青かびのことを心配しなければなりませんでしたが、アルミサッシの普及のおかげもあって様変わりしてきたようです。若い人はともかく年配の人にとっては梅雨イコール青かびという観念がなかなか抜けきらないようです。

梅雨が明けると暑い暑い真夏を迎えなければなりません。ある意味で電力会社にとっては稼ぎ時だったのでしょうが、今年はそういうわけにはいかないようです。福島原発の放射能汚染問題は深刻で、短期間で収束するというわけにはいきません。しかも、日本一国の問題にとどまらず世界全体の生き方に変更を迫る程の影響力を持っています。第二次大戦後、世界各国に核エネルギーの平和利用をという名目で原子力発電所が雨後のタケノコのようにでき、それに対応して反核・反原発運動も燎原之火のごとく起り一部ではその運動のおかげで断念された場合もありますが、全体からみると一時的局所的でしょう。推進派と反対派の闘いはそれなりに深刻な闘いですが、あくまでも人間と人間の闘いであり相対的な解決しかもたらしません。しかし今回は人間対自然の闘いであり、科学技術によって自然を征服しコントロールできるものと思い込んでいた近現代人の知性の完全な敗北でしょう。(原発推進の御用学者の中にはまだ克服できると主張している人もいますが。)

自然はそれ自身神でも仏でもありませんが、人間的知を重んずるあまり畏怖することを忘れると想定外の事態を招くということを肝に銘じておかなければなりません。暑い夏を迎えるにあたりつくづくそう思います。    6月15日 (T

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

水無月ノ巻

水無月某日・外輪山光る緑の水田かな

水無月某日・親鸞と同行三人麦の秋

水無月某日・しゃべくりて往時渺茫梅雨入り前

水無月某日・消石灰踏みてスタート歩キング

水無月某日・夏の汗上がりは水辺の高菜めし

水無月某日・芒種かなはこねうつぎの紅となる

水無月某日・内の牧露天のあとはのどの駅

水無月某日・十六夜旅の仕上げは辛丹波

水無月某日・オークション青バラまみゆ花阿蘇美

水無月某日・しょぼくれしはんかい草の梅雨入り前

水無月某日・靴洗ふうしがえるのリズムとる

水無月某日・つばめの巣貸店舗の軒を借り

水無月某日・朝刊は見出しのみ見て梅雨入する

水無月某日・菖蒲田を遠目に納め薄暑かな

水無月某日・菖蒲田の標しなき種にひかれけり

水無月某日・碧なす列島すっぽり梅雨さなか

水無月某日・梅雨闇や草木に水の匂ひかな

水無月某日・群れなくて悲しき誤算梅雨に入る

水無月某日・おつかいはチャリンコに乗ってつゆ晴れ間

水無月某日・興奮は秘すればあやめの雨もやひ

水無月某日・あおしろ額あぢさいの小径によひしれり

水無月某日・つゆぐもりあぢさいひたすら雨を待つ

水無月某日・突風をついて祭り太鼓の音妖し

水無月某日・あぢさいを巡りて戻れば雨となる

水無月某日・つゆ闇やでいごほのかに紅をそへ

水無月某日・あぢさいの後は戦争責任を考える会

水無月某日・短夜や同じ映像返し見る

水無月某日・回向終へあぢさいの面妖し

水無月某日・荒梅雨のニュース徐々に北上せり

水無月某日・哲学す道はほたるの舞ふといふ(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血並行ドナー登録会報告など。吉武 昌子

平成23年5月

吉武 昌子

日増しに強い日差しが照り付け、今年も猛暑なのかな…?と少々、落胆気味に毎朝

予想最高気温をチェックしています。今年は、夏の節電にも積極的に取り組もうと考えています。エアコンの設定温度・コンセント抜き等、見直そうと思えばいくつも出てきて。

当たり前生活を実感し、反省のみです…。

418日うきはムラおこしセンターにて献血並行ドナー登録会を、行いました。

お天気も良く、沢山の方々が訪れて下さいました。

     献血者数  198名   ドナー登録者数  23名

献血バス2台の対応で、10時から16時まで切れ目無く献血バスに乗り込まれていました。

今回も皆さんの優しい気持ちに、触れることが出来ました。感謝です!!

お恥ずかしい話なのですが先日やっと、波多江 伸子先生の本「さよならを言うまでの時間」を、読み終えました。時間があれば1ページでもと読み進んできましたが、やっと…

涙を流した最後の章、タイム・トゥ・セイ・グッバイ。皆さんは、テノール歌手アンドレア・ボッチェリィとサラ・ブライトマンの同タイトル曲を、耳にしたことがありますか?リリース直後に、爆発的なヒットとなりました。心地よいメロディーに弦楽器の響き、サラ・ブライトマンの澄んだ歌声、アンドレア・ボッチェリの優しい声…

主人公の男性が入院中に聴いていたそうですが、読んでいる私の頭の中でもBGMの様に流れ続けていました。

タイム・トゥ・セイ・グッバイ=さよならの時間 

歌の内容から訳せば、第二の人生の門出

「おとずれたこともない場所をこれからあなたと共に航海して行く
あなたは僕とともにいる、どこにもなくなった海をあなたと蘇らせよう、あなたと旅立とう」 この曲を聴きながら主人公のW氏は、これからの旅立ちまでの時間を自分らしく過ごす為、考えたんだろうと思います。闘病生活も、自身が納得できるまで入念に調べ・考え抜き信念を貫いたものでした。私もW氏の様な状況に置かれた時、あの様な余生を遅れるほどの気丈さを持てるかな?いや、持てるのならば悔いの残らない過ごし方をしなければ…と、考えることの出来た1冊でした。こんな素敵な詩があります。

「小さきは 小さきままに  折れたるは 折れたるままに  コスモスの花咲く」

ある先生から教えて頂き、気持ちが滅入る時に口にします。詩や音楽の持つ力は、心の薬になりますね。

♪百万踊りに参加します♪

今年のわつしょい夏祭り(8月7日)の百万踊りに、骨髄バンクボランティア福岡が産医大の学生さんと共に参加する事になりました。

PR活動を目的に、学生さんと共に踊りたいと思っています。まだ時間帯が決まっていませんが是非、見かけた時は、声を掛けて下さい。

九州厚生年金病院 がんに関する研修会のお知らせ

~健康教室~

  7月8日(金曜日)11:00~12:00

   「がん科学療法について ~外来科学療法を受ける時の注意点~」

    講師:九州厚生年金病院 がん化学療法看護認定看護師

~腫瘍セミナー~

  8月3日(水曜日)18:00~19:00  

   「がん化学療法のトピックス(仮)」

    講師:九州大学大学院医学研究院 病態修復内科学(第一内科)馬場 英司先生

~健康教室~

  8月19日(金曜日)11:00~12:00

   「在宅における褥瘡ケア」

    講師:九州構成年金病院 皮膚・排泄ケア認定看護師

~認定看護師による研修会~

  8月19日(金曜日)17:30~18:30

   「知ってもらいたい がん化学療法看護」

    講師:九州厚生年金病院 がん化学療法看護認定看護師

 研修会の会場は…九州厚生年金病院 3階講堂です。入場無料、入・退室自由です。

「ひまわりの会」開催予定

6月26日(日曜日)10:00~12:00

参加費用 300円 今回より、開催場所が変更となるそうです。病棟に会場までの

矢印が貼られています。

夏本番を迎える前に、夏バテしない身体作り…皆さん、何か実践されていますか?

ついつい冷たい物に手が伸びてしまいますが、適度な摂取で体調を崩さない様に…

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

あとがき(2011/5/19)

✤✤ あ と が き ✤✤

 ようやく五月晴れが続くようになりました。立夏は6日でしたので二十四節気の上からはもう夏なのです。青葉が目にしみる時節です。沖縄はすでに梅雨入りしているようですが、当地は六月上旬ごろでしょうか。梅雨に入ると嫌な時節というのでしょうか? 先日私の住まう寺で花祭り法要を営みましたが、その席で説教師さんが「ウマオイとケムシ」という題の詩を紹介されました。小学校5年生の男子の詩だそうです。日常のありふれた光景ですが、含蓄に富んでいますので私も皆さんに紹介します。

『北風が吹いていた。/台所にウマオイがいた。/おかあさんが「寒いから、みんな家の中に入ってくるのね」といって、リンゴのしんをあげていた。/数日後/ストーブのそばにケムシがいた。/おかあさんは「あっ。」/「はやくつぶして、はやく」とさけんだ。/ちり紙でとってつぶした。/ぼくは人種差別のような/ふく雑なきもちがした。』              5月19日 (T

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »