« 希望表紙(2011/1/15) | トップページ | 特集(勉強会報告) »

2011年3月10日 (木)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、 東京都渋谷区生

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

如月ノ巻

如月某日・冬てふの止まれば壊る結氷期

如月某日・日が射せばしとどにこぼる霜柱

如月某日・赤いとりあおきの朱実によりつかず

如月某日・春浅しいのちのいぶきたしかむる

如月某日・それがしの可処分時間や日脚伸ぶ

如月某日・晩節といふには早すぎ春暮るる

如月某日・初森や紅のあおきに朝日射す

如月某日・春の雨霧立ち昇る森の朝

如月某日・山眠る大地のうごめく初歩き

如月某日・春雨や靴を濡らせて森へ入る

如月某日・ロートレック展ムーランルージュの淑気かな

如月某日・春暮るるだましすかしてがたのくる

如月某日・時持ちや日脚伸ぶほどけんかせず

如月某日・晩節を可処分時間で楽しむ春

如月某日・悠々として急ぐ男の子や冬の雨

如月某日・ふぐちりのはしごに誘はる食市食座

如月某日・うすらひや日が射すまでのいのちあり

如月某日・薄氷を割りて靴の泥落とす

如月某日・ひとり往きてひとりで戻る探梅行

如月某日・二部咲きの白洲梅園からす啼く

如月某日・朽ちてなほ倒木更新いぶきあり

如月某日・早咲きの鶯宿うめに風冷やし

如月某日・ろうばいの香りほころぶ垣根かな

如月某日・温室のばななたわわにぶら下がり

如月某日・せせらぎの音や目で聞き耳で視る

如月某日・雨上がり春の匂ひの森へ入る

如月某日・やぶつばき落ちたあたりにぬたばあり

如月某日・水温む池面の下に何も見ず

如月某日・花眼で見ゆ山やうやうとはるがすみ

如月某日・刷り込みは織り込み済みの今朝の春

如月某日・けふあらただましすかして春暮るる

如月某日・初音聞くそっとしときや森の径(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 希望表紙(2011/1/15) | トップページ | 特集(勉強会報告) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/51081689

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 :

« 希望表紙(2011/1/15) | トップページ | 特集(勉強会報告) »