« 「北九州がんを語る会設立20周年記念フォーラム(仮称)」のご案内 | トップページ | 佐賀ひれふりランド登録会報告など。 »

2010年12月17日 (金)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、 東京都渋谷区生

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

師走ノ巻

師走某日・温暖化もみじくれなひあざやかに

師走某日・日日と紅のいや増す大はぜの木

師走某日・紅葉狩り街の中にも天然あり

師走某日・目次読みて分かったつもりの師走かな

師走某日・錦秋や万葉へ続く防人の道

師走某日・もみじ愛で古人語らず礎石群

師走某日・百間の石垣に照るもみじかな

師走某日・深紅染め四王寺川に映える

師走某日・枯山水玉砂利にもみじ降り積む

師走某日・風吹かばもみじふぶきのうとましき

師走某日・照るもみじ往き交ふひとの貌美し

師走某日・処女もみじ踏みしめ神社のたたずまい

師走某日・太鼓橋ひとさんざめくもみじ狩り

師走某日・師走入る梅ケ枝餅にてひと憩ひ

師走某日・冬枯れやあおさぎ景の点となり

師走某日・寒風や湯煙走る湯気の先

師走某日・露天より福智山系冬陽射す

師走某日・たゆたふやひげにまかせて出湯かな

師走某日・ゆくるりとテロメア伸ばす師走かな

師走某日・下校時の有線放送温泉場まで

師走某日・寒風や障子張替へつかへ取れ

師走某日・冬ごもり猪の駆けにし戦車跡

師走某日・年待つや南天の実の晴れ着かな

師走某日・冬ざれや猪のぬた場の水涸れし

師走某日・岩風呂やまだらに残る冬もみじ

師走某日・雪催ひ天からの贈り物口で受く

師走某日・湯三昧いのちの雪ぐ師走かな

師走某日・しっぽりと諭吉の旧居に氷雨かな

師走某日・年待つや霜降りたもふ森の世界

師走某日・歩き納め森は静かに年待てり

師走某日・二杯目はひれ酒のだしで飲み(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 「北九州がんを語る会設立20周年記念フォーラム(仮称)」のご案内 | トップページ | 佐賀ひれふりランド登録会報告など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/50326800

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 :

« 「北九州がんを語る会設立20周年記念フォーラム(仮称)」のご案内 | トップページ | 佐賀ひれふりランド登録会報告など。 »