« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 | トップページ | 相談窓口のご案内 »

2010年10月19日 (火)

あとがき(2010/10/15

        事 務 報 告

        918日(土)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第243号製本発送。

あなたらしく生きる

  あ と が き  

今日はおだやかな秋日和。彼岸花がようやくしぼんだようです。今年は半月近く遅くまでだらだらと咲きました。寒暖の差に敏感な花なのでしょう。赤紫色の木槿(むくげ)もまだ咲いています。金木犀の花はまだのようです。

 私たちは往々にして、永遠の生命というものを何の変化もなく永遠に続いて行くものだと思いがちですが、じつはそうではありません。平常底において、春は春の風光、夏は夏の風光、秋は秋の風光、冬は冬の風光と四季折々に生死(しょうじ)を繰り返しながら、非連続の連続、連続の非連続としてあるのが私たちの平常底における生命の実相です。そして、私たちの平常底の底なき根底に私たちの生命を超え包む不生不滅の永遠の「いのち」が直接に接しているのです。私たちの我意ではどうにもならない「いのち」です。作家・椎名麟三の言葉に「死者にとってわかることはただひとつ、生きているほうがましだ」という含蓄ある言葉がありますが、そのあたりの機微を心得たものだと思われます。

                          1013日 (T)

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

|

« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 | トップページ | 相談窓口のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/49789663

この記事へのトラックバック一覧です: あとがき(2010/10/15:

« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 | トップページ | 相談窓口のご案内 »