« 垣添 忠生氏 講演会に行って来ました(続き)。 | トップページ | あとがき(2010/8/25) »

2010年8月28日 (土)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

葉月ノ巻

葉月某日・さようなら浄土の蓮に雨の降る

葉月某日・会ふ度にびんたの涼し好々爺

葉月某日・むくげ咲く連れ合ひ居る間のにくたれ口

葉月某日・おじゅず戻る輪廻邂逅ありがたし

葉月某日・八月へ梅雨あけ持ち越す夏の雨

葉月某日・ことのほか遅きに失し梅雨明ける

葉月某日・カンゾウや野原に一点景となる

葉月某日・道半ばよしずの下で靴洗ふ

葉月某日・夏木立のどを潤し峠超ゆ

葉月某日・大輪の花火咲かせて夏果てり

葉月某日・団扇して部屋から愛でる花火かな

葉月某日・硝煙の余燼くすぶる今朝の夏

葉月某日・迎え盆三代そろひて展墓かな

葉月某日・清水のあふるる口で靴洗ふ

葉月某日・なつのあめ老鶯の声艶を増し

葉月某日・夏川に経を読ませる山の民

葉月某日・草の生す列墓の傾ぐやぐら台跡

葉月某日・終戦記念日父母に捧ぐ海南島余譚

葉月某日・夏ばてやだましすかして時殺す

葉月某日・夏ばてや絶を摂り死んだふり

葉月某日・熱帯夜特攻を読みて朝の訪ふ

葉月某日・寝苦しき夜靖国を考えて朝明ける

葉月某日・参る墓奥に行くほど木下闇

葉月某日・墓石のくもの巣払ふ雨上がり

葉月某日・夏ばてや緑の木陰で小休止

葉月某日・シェスタしてスイカがぶりと目が覚む

葉月某日・鎮魂の読書会超へ処暑の風

葉月某日・戦争を語り継ぐ集ひ秋暑し

葉月某日・虫すだく朝な夕なに白き風

葉月某日・朝一番刷り込み終へて秋の雲

葉月某日・ひぐらしやひとり旅たち八月尽(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 垣添 忠生氏 講演会に行って来ました(続き)。 | トップページ | あとがき(2010/8/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/49277067

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 :

« 垣添 忠生氏 講演会に行って来ました(続き)。 | トップページ | あとがき(2010/8/25) »