« 駆けっ句365日生き急ぎ 烏有 | トップページ | 毎日新聞 連載 「がんを生きる」 松原良昌 »

2009年8月22日 (土)

あとがき(2009/8/15)

    事 務 報 告

        7月18日(土)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第229号製本発送。

□ 連載していました松原さんの「訂正版・がんを生きる」は今月号で終了いたしました。他に資料を提供していただいていますので、随時掲載いたします。

        会報の製本等、お手伝いしてくださる方、事務局までご連絡下さい。

あなたらしく生きる

  あ と が き  

残暑お見舞い申し上げます

 7月末から八月上旬にかけ、日本各地は大変な豪雨禍に見舞われました。当地も例外ではなく、私の住まいする近くの町内も浸水被害に遭いました。本流の紫川と支流の小熊野川が同時に氾濫して災害をもたらしたのです。会員の皆様で被害に遭われた方はいらっしゃいませんか?

 8月のお盆が済んでから連日きびしい残暑が続いています。にもかかわらず、一時なりをひそめていた新型インフルエンザが静かに広がっているとのこと。特に沖縄で感染者が多いということですから、季節型のインフルエンザとは異なるということには留意しておいたがいいように思われます。

こぼれ日にさそはれ見るや百日紅  水原秋桜子

ひと夜どまりは旅にあらずか百日紅  森澄雄

 暑いこの時期にひときわ目を惹くのがピンク色の花をつけた百日紅(ひゃくじつこう、さるすべり)です。ときには白い花も見かけますが主流はピンク色でしょう。桜と違って花期が長く、秋の彼岸過ぎまで咲き続けます。一夜限りの月下美人とはまったく対照的です。夏の夕闇せまるころ、老大木の百日紅に出会うことができるなら暑さを忘れてひきこまれることでしょう。        8月20日 (T)

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

|

« 駆けっ句365日生き急ぎ 烏有 | トップページ | 毎日新聞 連載 「がんを生きる」 松原良昌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/45996268

この記事へのトラックバック一覧です: あとがき(2009/8/15):

« 駆けっ句365日生き急ぎ 烏有 | トップページ | 毎日新聞 連載 「がんを生きる」 松原良昌 »