« あとがき(2009/3/15) | トップページ | あとがき(2009/5/15) »

2009年5月23日 (土)

看護士さん・お医者さんの気持ち

「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち 

お医者さんの気持ち」より抜粋NO.14

看護士さん・お医者さんの気持ち (企画・編集 宮崎大学医学部)

八月二十四日、自ら命を絶つなんて・・・・。ごめんね。

ばあちゃん、辛かったね。

「一人ぼっち」って気持ちで心の中は、いっぱいだったんだね。

ばあちゃんが心配するといけないから、

ばあちゃんの娘(私のお母さん)には私がついているからね。

安心して天国にね。

孫から祖母への気持ち 小さな天使(2年目・24歳・女性)

夜中に鳴る、頻回のナースコール。

不穏患者への体オウで疲れてヘトヘトなのに、

『ありがと』の一言で、頑張れちゃうんだよね。

宮原麻里子(25歳・女性)

毎日、ただただ目を閉じたままベッドに横になっているSさん。

過ぎ行く日々を耐え忍び、最期の時を待っているようにみえるSさんの姿。

何もできなくてごめんなさい。

もっと人生に喜びを感じられる

“何か”を一緒に探せればいいのだけれど・・・

無力な私でごめんなさい。

中野ふくみ(23歳・女性)

「人の世はめぐり、巡り会いです。

よき医師はよき患者から育ち、

よき患者さんはよき医師の源です」             清武太郎

いつも「オギャー」と生まれてくる君達を見ていると、

いつも生きる勇気をもらうんだ。

そう、元気に生まれてきてくれてありがとう。

赤ちゃんへの気持ち 谷口二郎(58歳・男性)

おわり

|

« あとがき(2009/3/15) | トップページ | あとがき(2009/5/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/45099754

この記事へのトラックバック一覧です: 看護士さん・お医者さんの気持ち:

« あとがき(2009/3/15) | トップページ | あとがき(2009/5/15) »