« 看護士さん・お医者さんの気持ち | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »

2009年5月23日 (土)

あとがき(2009/5/15)

    事 務 報 告

        418日(土)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第226号製本発送。、

        会報の製本等、お手伝いしてくださる方、事務局までご連絡下さい。

        松原様の毎日新聞連載「がんを生きる」の訂正版を今月号から掲載いたします。

あなたらしく生きる

  あ と が き  

日中、生暖かい空気に誘われて雨が降り出しました。乾燥し切っていたので恵みの雨というべきでしょう。すでに咲き出していた紫陽花も一息ついたように思われます。

 いま、メキシコ発の新型インフルエンザが日本にも上陸したということで、新聞とテレビを通じて報道されています。自身の身に災難として降りかからないと騒がれるほどには深刻にならないのが、傍観者のさもしく悲しい思いでしょうか。

 先月紹介した小椋 佳の「愛 燦々(さんさん)と」という唄において、そのメロディーと響き合って、その詩が自分自身としての「この身」と「雨」「風」「愛」が直接に関わって作られているところに、不思議な感動を呼び起す源泉があるように思われます。

 私たちは孤立し自我の殻の中に閉じこもって、自分や他者の苦しみは理解できないと思い傍観者的に振る舞いがちですが、私とあなたとは直接に出会っている共通の広場が目にはみえないけれどあるということ。このことに全幅の信頼をおいて生きてゆけば、いかなる災難がふりかかろうと「安心して苦しむ」ことが出来ると思います。                          521日 (T)

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

|

« 看護士さん・お医者さんの気持ち | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/45099770

この記事へのトラックバック一覧です: あとがき(2009/5/15):

« 看護士さん・お医者さんの気持ち | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »