« あとがき(2009/1/15) | トップページ | 駆けっ句365日生き急ぎ 烏有 »

2009年1月17日 (土)

患者さんの気持ち

「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち 

お医者さんの気持ち」より抜粋NO.11

-患者さんの気持ち¯                        (企画・編集 宮崎大学医学部)

リウマチになって50年近く何度も死にそうになったけれど

お医者さん 看護師さん 家族 友達

みんなのおかげで まだ生きています

まだまだ 迷惑かけるけどこれからも頼みます

そしてありがとう・・・・

お世話になってる皆様への気持ち batuko550歳・女性)

辛い苦しい気持ちは分かるが

何くそとリハビリに励んで欲しい

人生こんな状態で笑ていられるかと

つい愚痴や暴言が出る甘えと分ていますが

気を使い過ぎず手をかし過ぎず

自分で出きることはしてもらう

それがリハビリですから笑顔が見られると私も救われます

家族から患者への気持ち 匿名(女性)

先生余命の宣告は一年にしてください。

一枚の水彩画を孫やその子に残したい。

 DNAを継いでくれてありがとうのメッセージを添え。

三年の余裕があると、大作や油絵や陶芸へと、欲が出そうです。

居間に控え目に飾れる水彩画がいいです。一年前に教えてください。

 医師への気持ち ふじわら(75歳・男性)

いつもお世話になりありがとうございます。

ご飯の用意も自分でできたりできなかったりで

迷惑をおかけしてごめんなさい。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

椎 阿佑美(21歳・女性)

「お腹の痛み」

 問診あれど触診なし!?

  それでいいのって思う。

医師への気持ち 山辺弘江(女性)

いつも変わらない笑顔で接してくださる

先生の検査結果の報告を聞きながら

  ありがとうございますと

思わず大きな声を出した自分にびっくりしました。

 忙しい先生のご健康を祈りつつ病院をでました。

  リハビリは つらいと言えず 笑顔かな

 医師への気持ち 幸(71歳・男性)

私の主人は脳内出血で入院しており 又左足を折ってしまいまして

ベッドでねたきりでまるでマナ板の鯉みたいなものです

何も食べさせられません 又肺炎までわずらってしまい

どうしてやることも出来ません 話もしません

字を書きますがどうしてよいのやら

主婦から病院の先生への気持ち 匿名(69歳・女性)

<A. ありがとう>

今年の春、入院していた母が亡くなりました。

長期にわたる闘病生活の間、いつも明るく、温かく励ましてくださった

看護師の皆様、本当にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。

患者の家族から看護師への気持ち 匿名(46歳・女性)

次号へつづき

|

« あとがき(2009/1/15) | トップページ | 駆けっ句365日生き急ぎ 烏有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/43765513

この記事へのトラックバック一覧です: 患者さんの気持ち:

« あとがき(2009/1/15) | トップページ | 駆けっ句365日生き急ぎ 烏有 »