« 患者さんの気持ち | トップページ | 早春賦(平成21年己丑) »

2009年1月17日 (土)

駆けっ句365日生き急ぎ 烏有

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

睦月ノ巻

睦月某日初日の出けさはきのふのよみがへり

睦月某日・初夢や小さき別れ目覚めまで

睦月某日・走りつつ的の定まらぬ流鏑馬かな

睦月某日・朝日射す白蓮の間の淑気かな

睦月某日・初春や攻でまとめむ子年かな

睦月某日・ともかくも森へ仁義の年賀行

睦月某日・匂ひ立つ森の霊気の触れ初めし

睦月某日・お説教妙好人と年明くる

睦月某日・おさおさとアオキ冬芽の仕込みかな

睦月某日・歩き初めけもの道跡乱れけり

睦月某日・酔眼を花眼に振り替ふ注連明けかな

睦月某日・やり過ごす勇気を持たむ鏡開き

睦月某日・粛々と決断うながす春の雨

睦月某日・決断を先伸ばしして冬ぬくし

睦月某日・成人の日大股で歩む和服かな

睦月某日・松が過ぎ無用の用が足るを知る

睦月某日・どんど焼き横目で過ごす札納め

睦月某日・薮入りや畏る畏るる森へ入る

睦月某日・ぶっちぎる赫々たる成果や初観音

睦月某日・冬ざれやかぜのそよぎに景となる

睦月某日・新年や亥のヌタバに水の張り

睦月某日・遥拝や落ち葉踏みしめ森へ入る

睦月某日・物の怪の過ぎたる跡の年新た

睦月某日・引かるば押し押さるば下がるの年の春

睦月某日・ありがたき貧しき頃の寒卵

睦月某日・赤烏帽子亭主の好きなちゃんちゃんこ

睦月某日・段取りを付けて秘すれば冬ぬくし

睦月某日・子年又それもよからふジョークあり

睦月某日・手の内を見せて励ます落ち葉焚き

睦月某日・冬枯れや朝陽の当たる峠かな

睦月某日・吾レのため秘すれば花の一月尽(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 患者さんの気持ち | トップページ | 早春賦(平成21年己丑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/43765545

この記事へのトラックバック一覧です: 駆けっ句365日生き急ぎ 烏有:

« 患者さんの気持ち | トップページ | 早春賦(平成21年己丑) »