« 特集、患者さんの気持ち | トップページ | あとがき(2009/1/15) »

2008年12月22日 (月)

「駆けっ句365日生き急ぎ」 師走の巻

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、 富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、 駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

師走ノ巻

師走某日温暖化持続可能な日向ぼこ

師走某日・病ひ憩ひ朝湯にひたる至福かな

師走某日・病葉や出湯と戯るもみじ狩り

師走某日・耳納連山たゆたふひげの露天かな

師走某日・借景や湯煙の先に滝かすむ

師走某日・限定の十割そばにつはぶきの花

師走某日・腸に地酒の沁みる麦屋かな

師走某日・14夜旅の仕上げは米エキス

師走某日・いとほしや絶を絶する温泉行

師走某日・生き急ぐ新陳代謝の出湯かな

師走某日・畏るるやだましだまされ冬暮るる

師走某日・おびただし落ち葉降り積む峠かな

師走某日・錦織りにぎにぎしきや山眠る

師走某日・草枯るる路傍に光る冬イチゴ

師走某日・どんぐりや拾はばマイクで咎められ

師走某日・年準備何を企む出湯かな

師走某日・極月やあじさい出湯の極楽かな

師走某日・水入らず北からの幸をしみじみと

師走某日・忙中や椚林の山眠る

師走某日・去年今年ふくを肴に再会謝す

師走某日・大団円五年掛りの年準備

師走某日・暮れなずむ奥座敷から海見えず

師走某日・俳諧す港レトロの冬の暮れ

師走某日・鰭酒にきこしめしすぎおぼろかな師走某日・ふく刺しを前に総会事もなし

師走某日・着々と内なる展り年用意

師走某日・年納め33回忌無事済ます

師走某日・行く年や山田の森に氷雨かな

師走某日・すす払ひ君は身を浄め吾レ水を汲む

師走某日・熟眠や単なる飲みすぎ年を越す

師走某日・大晦日血の一滴を飲み干せて(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 特集、患者さんの気持ち | トップページ | あとがき(2009/1/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/43493293

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けっ句365日生き急ぎ」 師走の巻:

« 特集、患者さんの気持ち | トップページ | あとがき(2009/1/15) »