« 「ゆうにゆうに まあるくまあるく」を読んで | トップページ | 「希望2008/12号」投稿 »

2008年10月29日 (水)

患者さんの気持ち

「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち 

お医者さんの気持ち」より抜粋NO.

-患者さんの気持ち¯                        (企画・編集 宮崎大学医学部)

俳句

「犬ふぐり 小さな花よ 星しずく」

「犬ふぐり 夜星となりて てらせ日本」

こわい夢あれは夢だと思ったが。

梅匂う巣立つ小雀親をまつ

わたしからみんなへの気持ち

石塚あかり(30歳・女性)

病棟主治医の先生へ。

検査をしても結果を絶対に教えてくれなかったですよね。

今の医療現場の常識でしょうか。

宣背が非常識なだけですか。

患者の気持ちを考えろ。

匿名(33歳・女性)

「昼間の造化が夜間は生花に変わる」

 怪我を負った当初、見舞い客はもちろん、医師、看護士、介護士など

来室する全てが決まって、

「菊池さん気を落とさずに頑張ってください。落ち込んだら駄目ですよ」

そうはげましの言葉をかけられるたびに、作り笑顔を見せ、

夜、眠ってしまうと回復した身体が自由に動く姿を見た人は皆が皆、

「頑張ってよかったですね、すごいことですよ、これは」

と感嘆の声を挙げる。そして、夢とわかって落胆。こんな毎日であった。

四肢麻痺身障者 菊池誠一(62歳・男性)

不安発作がどんなに苦しいかわかりもしないで

夜間診療なし

以前の病院へ行け、は、

 ひどすぎるわ

おぼろ(58歳・女性)

「痛いのは、体の他にフトコロも」

“大変高い国民健康保険料を払った上に、3割もの自己負担分が必要です。

毎回の診察の際に支払う数千円は結構痛い額です。”

藤原正三(70歳・男性)

先生に退院する前に病気の資料がほしいと言ったら

外来に来たときと言われ

外来に来た時に言ったら本は売店に売ってあると言われ、

わかってくれなかった気持ちはショックだった。

こんな気持ち二度としたくない。

匿名(40歳代・女性)

後縦靭帯骨化症で難病と言われてから十年過ぎました。

私の担当医は大学病院の脳外の医師でした。

力が入らなくなり落ち込みましたが外に目を向ける事

薬は益な面と害の面もあるので自分で考えて飲む事と言われました。

今でも指示通り薬を減らす毎日です。ありがとうございました。

今あるのは先生のおかげです。

真摯な医師への気持ち 江平悦子(66歳・女性)

次号へつづき

|

« 「ゆうにゆうに まあるくまあるく」を読んで | トップページ | 「希望2008/12号」投稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/42940823

この記事へのトラックバック一覧です: 患者さんの気持ち:

« 「ゆうにゆうに まあるくまあるく」を読んで | トップページ | 「希望2008/12号」投稿 »