« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月に作成された記事

2008年9月18日 (木)

希望表紙

2008年 9月15日 発行 

会 報   

(

のぞみ

)

  第219号

北九州がんを語る会・支部 行橋がんを語る会

10の例会のご案内

―患者、家族が医療者と普段着でがんを語る―

日 時  平成201018日(土)14001600

会 場  事務局 西安寺 TEL093-561-5320

        北九州市小倉北区木町2丁目12-34

        日豊本線、南小倉駅下車。紫川に向かって徒歩5

演 題  ガン治療における地域医療の役割

      

講 師  井原クリニック 井原隆昭さん

       北九州小倉南区高野1-12-18 TEL093-452-1113

   

参加費  500

主 催  北九州・行橋がんを語る会

 

講師は、長い間、医療センターの外科医を経て、小倉南区に開業されている井原先生です。手術という形でがん治療に携わってこられた先生ですが、今までは、病気の発見から、その後の治療方針、治療の予後のケアの中の一部分であって、患者さんが病気と向き合っていく上で、かかりつけ医としての役割、信頼関係の大切さを感じられたそうです。地域医療で担っていくべき役割、大きな病院にいる時とは違った角度から診る病気について皆様のご意見も聞かせていただきたいとおっしゃています。

会員さん以外の方の参加も自由です。お気軽にご参加下さい。

    

あなたをひとりぼっちにはしない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相 談 窓 口 の ご 案 内

相 談 窓 口 の ご 案 内 
1.がん こころの電話相談リンクス   北九州がんを語る会
曜   日 相 談 時 間 電 話 番 号
   ① 毎週 火曜日 20時~22時 093-617-7793
   ③ 第一 土曜日 13時~14時 090-7479-8022
   ①の火曜日の相談員は、看護婦・心理相談員(クワキ)
   ②の第一土曜日の相談員は、専門医があたります。
   「電話相談リンクス」は、専門医と連携して、患者・家族の相談を受ける市民グ
   ループです。相談は無料。プライバシーは厳守します。ご遠慮なく「リンクス」を
   ご利用下さい。
   リンク=link(英)、鎖の輪、環、動力の伝達装置、連絡道路
2.がん相談                   福岡県対がん協会
   TEL:092-722-2511
   面接、電話相談とも、月曜から金曜(午前9時~午後5時)
   面接を希望される方は、事前に連絡してください。
3.「福岡ホスピス110番」     特別医療法人栄光会 栄光病院
    TEL:092-935-0147 福岡ホスピス110番へ
   月、水、金曜日(午後3時~4時)
   予約受付:月曜~土曜(午前10時~午後3時)
   希望者は、患者、家族誰でも末期医療全般について相談できます。(無料)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

患者さんの気持ち

「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち 

お医者さんの気持ち」より抜粋NO.

-患者さんの気持ち¯                        (企画・編集 宮崎大学医学部)

元警察官42歳の春に転倒、手足等まったく動かず即入院。

原因不明。

難病の後縦靭帯骨化症、更に不安増加、頚椎手術、

三週間後右手小指がピクリ妻と号泣。

気力で41年間勤務退職。

この支えはあなたがあればこそでした。

私から妻への気持ち 鎌田代志幸(61歳・男性)

「時の流れ」

 あんなにも

  毛嫌いしてた

     ドクターが

現在

(

いま

)

は私の

   心のオアシス

 医師への気持ち リリー(55歳・女性)

雑詠

娘がくれし万歩計つけひた歩む

 休みて唄う「美幌峠」

田植え機に男の子がひとり早苗植ゆ

 植えびとさざめく昔なつかし

老いびとの数夛が暮らす仮ねぐら

 荒ぶる日のあり和ぎの日も夛夛

夫逝きて峻し山坂越えて今

 老いの旅路に余るしあわせ

吉田かほる(89歳・女性)

伝えてよ 治療待ってる 私にも 申し送りを すること受けたこと

稲葉厚子(49歳・女性)

本年1月、母(93才)の死の瞬間に立ち会い非常に悲しかった。

脳梗塞による嚥下障害の為経口摂取不能だった。

最後の(1年間)死に水を口に含ませる配慮が足りず、

今ごろ色々悔いている。

介護棟であっても看護の基本は看護する心であるべきだと確信してる。

しかし、現場は超多忙でなかなか厳しい様だ。

患者家族から医療スタッフへの気持ち 匿名(64歳・女性)

今回の入院は、学生さんがついてくれて話相手になってくれたけど、

気持ちが不安になり、「わがまま」まで言ってしまってごめんなさい。

匿名(40歳・女性)

ステロイド

魔法の薬、ステロイド

悪魔の薬、ステロイド

  救われた、命。

  失った、健康。

医師への気持ち ちせ(43歳・女性)

四十二の 吾子の身体を 

洗いおり 哀しく愛しい 流れる月日

匿名

次号へつづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆けっ句365日生き急ぎ(長月の巻)

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

長月ノ巻

長月某日・やぶらんや志高く群れて咲く

長月某日・豆萩やサンコウチョウに色を添へ

長月某日・風の盆立ち居気配に今朝の秋

長月某日・華麗なる修辞奏でる秋の虫

長月某日・しばらくやヌタ場の水は涸れぬまま

長月某日・秋雨や公園きのことゆきあひぬ

長月某日・新秋や再度チャレンジ峠立つ

長月某日・賽を投げ波風立つる九月かな

長月某日・そそくさと二百二十日の備へ打つ

長月某日・行蔵や打てば響くの秋の声

長月某日・ハイビスカス一花しほれて一花咲く

長月某日・足洗ふ小川のせせらぎのかんぞう

長月某日・法師ぜみけふを名残と鳴きとほす

長月某日・満々とヌタバの水は蓄へり

長月某日・行き止まるあげはの谷に露光る

長月某日・青さぎやトンボの池をはすかいに

長月某日・前を行く秋のてふてふ乱れ飛ぶ

長月某日・実浅し仕込みおさおさ紫式部

長月某日・常ならぬ蝉の骸の地に帰る

長月某日・秋の声出処進退吾レで決む

長月某日・それがしの立ち位置ありし芙蓉咲く

長月某日・秋暑し優れものに出会ひし福となる

長月某日・花眼より心眼で見る彼岸かな

長月某日・墓半ばけふの彼岸の暑さかな

長月某日・遠目より紅毒々し彼岸花

長月某日・落ち葉下もぐらの跡の道新し

長月某日・バーチャルに手のひら泳ぐ秋の雲

長月某日・名月や和して同ぜずらくだ隊

長月某日・教室よりじゃがいもの個性秋暑し

長月某日・腐葉土にこなら実混じる峠かな(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あとがき(2008/9/15)

    事 務 報 告

        820日(水)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第218号製本発送。、

        会報の製本等、お手伝いしてくださる方、事務局までご連絡下さい。

あなたらしく生きる

  あとがき  

 早い梅雨明けに驚いていたら、秋も早めにやってきたようです。台風13号が石垣島あたりを迷走しているようです。これからこちらに来るのかどうかまだ分かりません。今日は思いがけず晴天で、夜には、満月を過ぎましたが久しぶりに少し欠けた月を観ることができるでしょう。

 先月早々に山口赤十字病院の末永和之先生から『ゆうにゆうに まあるくまあるく』(木星舎 刊)という御本をいただきました。副題に「今一度、ホスピスの意味を問う」と掲げられています。末永先生は緩和ケア医療の分野では先駆的な取り組みをなされた方でつとに有名で、当会の設立以来、折々に大変お世話になった先生です。私も少し暇になった最近拝読させていただきました。こころがおだやかになってくるとてもいい本だと思いました。「泥鰌」(どじょう)という短編小説にウナギ取りの場面が出てくるのですが、私の少年時代の体験と重なり懐かしさが込み上げてきました。なお、「ゆうにゆうに」とは山口弁だそうで「ゆっくりゆっくり」という意味で、「まあるく」は感謝合掌ということです。来月あらためて。                              916日(T

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »