« 特集(杉本栄子さんのことば) | トップページ | あとがき(2008/9/15) »

2008年8月21日 (木)

表紙(2008/8月号)

2008年 8月15日 発行 

会 報   

(

のぞみ

)

  第218号

北九州がんを語る会・支部 行橋がんを語る会

10の例会のご案内

―患者、家族が医療者と普段着でがんを語る―

日 時  平成201018日(土)14001600

会 場  事務局 西安寺 TEL093-561-5320

        北九州市小倉北区木町2丁目12-34

        日豊本線、南小倉駅下車。紫川に向かって徒歩5

演 題  ガン治療における地域医療の役割

      

講 師  井原クリニック 井原隆昭さん

       北九州小倉南区高野1-12-18 TEL093-452-1113

   

参加費  500

主 催  北九州・行橋がんを語る会

 

講師は、長い間、医療センターの外科医を経て、小倉南区に開業されている井原先生です。手術という形でがん治療に携わってこられた先生ですが、今までは、病気の発見から、その後の治療方針、治療の予後のケアの中の一部分であって、患者さんが病気と向き合っていく上で、かかりつけ医としての役割、信頼関係の大切さを感じられそうです。地域医療で担っていくべき役割、大きな病院にいる時とは違った角度から診る病気について皆様のご意見もいただきたいとおっしゃています。

会員さん以外の方の参加も自由です。お気軽にご参加下さい。

    

あなたをひとりぼっちにはしない!

|

« 特集(杉本栄子さんのことば) | トップページ | あとがき(2008/9/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/42228713

この記事へのトラックバック一覧です: 表紙(2008/8月号):

« 特集(杉本栄子さんのことば) | トップページ | あとがき(2008/9/15) »