« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月に作成された記事

2008年6月20日 (金)

駆けっ句365日生き急ぎ

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

水無月ノ巻

水無月某日・お上りや天空から見る夏の雲

水無月某日・搭乗前足湯にひたる夏空港

水無月某日・後智恵の美く収めらる夏の宵

水無月某日・時持ちや寸暇を集めて新茶飲む

水無月某日・つまずけば一夜寝かせて夏の朝

水無月某日・プリンタの足をもがるる芒種かな

水無月某日・受けて立つ一会にすがる明け易し

水無月某日・変化待つ額あじさいは梅雨入り前

水無月某日・早々と見切りをつける時記念日

水無月某日・楽しみはあの手この手の青山河

水無月某日・目がかすむメメント・モーリ新茶かな

水無月某日・アガパンサスのどから手が出て梅雨入りする

水無月某日・風かおる軽味で逃げる冗句かな

水無月某日・菖蒲田や松本邸を借景す

水無月某日・花あやめ一句手向けて生きのびる

水無月某日・濃ひ薄し花の菖蒲の恵み待つ

水無月某日・光るたび児ら姦しきほたる狩り

水無月某日・青嵐風力発電受けて立つ

水無月某日・発掘の屋敷地跡に風かほる

水無月某日・飄々と押さるば下がる夏の潮

水無月某日・とつおいつメメント・モーリ梅雨晴れ間

水無月某日・野放図や一人濡れて行く夏至の雨

水無月某日・青すすきそれもよからう一人NPO

水無月某日・吾レのためわがまま通す梅雨曇り

水無月某日・くらやみをすくひて蛍児にわたす

水無月某日・雨上がり群れて魂げる火垂かな

水無月某日・足腰の達者見届く夏の雲

水無月某日・初めてのめがねあがなふ梅雨晴れ間

水無月某日・酔ふそろり攻めに転じる六月尽(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

患者さんの気持ち

「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち お医者さんの気持ち」より抜粋NO.5

(企画・編集 宮崎大学医学部)

患者さんの気持ち

 

救急外来に行ってみれば

わかってくれるスタッフがいなくて

病棟に連絡もっとカルテをみてほしいと思った

匿名(40歳代・女性)

髪なんて どうでもいいよ

 夫から そのやさしさに 感謝する日々

(P..病気になったとたんに自尊心を失いかけ治療をはじめて、髪がなくなった私に、ありがたい言葉。つらい抗がん剤治療も前向きに取り組むことができます。心配かけている年下の夫に感謝!)

夫への気持ち 中村智子(43歳・女性)

患者家族は病院医師看護師に命を託すのです。

 その思い重みは同じ 信じ病院を選ぶのです。

病院・医師・看護師への気持ち  新井健之(40歳・男性)

ありがとう

私は重度身体障害一級のN病院に入院中の車椅子利用の女子患者です。

看護師さんやヘルパーさん達には、身の回りのお世話をかけっぱなしです。

いつも感謝しています。食事は運んでもらって済んだら下げてもらいます。

お風呂でも看護師さんやヘルパーさんに介助椅子に移され、

頭のてっぺんから足の先まで丁寧に洗ってもらいます。

非常に感謝しています。

看護師さん、ヘルパーさん本当にありがとうございます。

看護師への気持ち村田美惠子(63歳・女性)

看護師さんって、暖かい。

お医者さんって心強い

本当に53日間、お世話になって「ありがとう」

ピンクのリンゴ(12歳・女性)

静脈注射

血管はよく出ているのに二回も打たないで

看護師への気持ち 匿名(84歳・男性)

先生 ありがとう

 初めての診察にて

 ズバリ ゆっくり食事、かむ、味わう、

余分に作らず、置かず 努力努力

先生へのありがとうの気持ち 日南子(76歳・女性)

「ウルサイ患者★」ラベリングする前に、

生きた臨床倫理を、患者さんから学んでみてはどうだろう?

にくまれっこ(女性)

お星様になった友人達へ

あなた方に出会えたことを心から感謝しています。

あなた方が私の中で輝いているように、

私は、今この瞬間、これからを輝かせていきたいです。

ありがとう。

ベレー帽のキューピー(女性)

テキストで おぼえた知識 技に変え 君は素敵な理学療法士

稲葉厚子(49歳・女性)

助産婦の あなたの笑顔 華より 安心感を与えてくれた

稲葉厚子(49歳・女性)

次号へつづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

患者さんの気持ち

「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち お医者さんの気持ち」より抜粋

NO.3

(企画・編集 宮崎大学医学部)

患者さんの気持ち

 

昨年、寝たきりの妻の介助中投稿いたしました。

その妻は、六月末に私から手を握られて帰らぬ人となりました。

その間、病院の方々には、身の内でも及ばないお世話になり

最後には師長さん看護師さん、多くの方のお見送りを受けました。

本当にありがとうございました。

患者の家族から医師・看護師への気持ち  安武次郎太(77歳・男性)

「医療者も患者も共に人間」

看護師さんも医師も、私たち患者と同じ人間なのではないでしょうか。

お互い人間どうしとして、かかわり合っていけたら、

どんなにか幸せでしょう。患者はただでさえ立場が弱いのです。

心がほっとするような医療者を求めています。

医療者への気持ち   匿名(77歳・男性)

専門外の病気も少し勉強して下さい

医師への気持ち   病は気から(58歳・女性)

処方される薬 何年も変わっていません

ほんとうに 診てくださっていますか?

医師への気持ち   病は気から(58歳・女性)

看護師さんあなたは優しくて親切ね

だって患者さんが優しいからよ

糸電話のように心が通えば、治療効果てき面だね

いつもありがとう

看護師への気持ち 安武廣一(66歳・男性)

『病院嫌い』

病院嫌いの小生が我慢しきれず診察に訪問。診察結果を見ながら

「年を取ると色々出てきますからね」の先生の一言

もう少し別の言い方はないものか?

また病院への足が遠のいた一日となってしまった。

医師への気持ち 病院アレルギー(62歳・男性)

南隣の人が、脳梗塞で入院しました。

回診の医師が部屋をでようとしてお尻を向けたまま

「手術しますか」

隣人「・・・・・」

手術すべき説明もないのにと言っていました。

こんなことってあるんですか?

医師への気持ち  ちゅうえい(67歳・男性)

いろんな痛み  生きている証と思えば   少し楽かも・・・

山辺弘江(女性)

医療こそ チームプレーと 気づいたら 患者の私も メンバーでした

稲葉厚子(49歳・女性)

おねがい

受診で病院に行くとき足が重い心が暗い時でも担当の医師や看護師さんの

勇気の湧く言葉と笑顔で病気が良くなった気持ちになったり元気がでる。

こんな先生に会えると思うと次の受診が待ち遠しい。

「あきらめず」「あせらず」「がんばらない」。

医師・看護師の気持ち 患者会40年目・元代表中島荘吉(72歳・男性)

先生、患者は病気のことをもっと説明してほしいときもたくさんありました。

匿名(40歳代・女性)

次号へつづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »