« 気持ちシリーズ | トップページ | 希望表紙 »

2008年4月11日 (金)

駆けっ句365日生き急ぎ

「駆けっ句365日生き急ぎ」

烏有

烏有(ウユウ)

本名:田中七四郎(タナカシチシロウ)

1943年(昭和18年):10月、

東京都渋谷区

1968年(昭和43年): 4月、富士通株式会社入社、システムエンジニア職従事

1993年(平成 5年): 1月、駆けっ句スタート   8月、 胃がん手術

2000年(平成12年):12月、 富士通株式会社役職離任により退社

コーポレイトソフトウェア株式会社入社

2002年(平成14年): 7月、コーポレイトソフトウェア株式会社退社

卯月ノ巻

卯月某日・夜半の嵐けふの花見へ気もそぞろ

卯月某日・花曇り空手合宿送り出し

卯月某日・花いかだ濠の片角もやひけり

卯月某日・園を出るころには葉桜となりにけり

卯月某日・潔くはなびら散れど幾年も花は散らじと咲く山桜

卯月某日・振り払ふさくら吹雪のうとましや

卯月某日・櫓山荘跡のサロンはやぶつばき

卯月某日・花冷へや立ち上げなほす愛機かな

卯月某日・やは肌の木目こまかきしやまざくらかな

卯月某日・小倉城内堀埋む花筏

卯月某日・花びとはや酔ひびととなりうたたまどろむ

卯月某日・春宵や内の歓声外で聞く

卯月某日・春喰らふ東筑軒のかしはめし

卯月某日・妄想の静寂を破るほーほっけきょう

卯月某日・群れて立つぜんまひ通りの姦しや

卯月某日・山笑ふ木々へあいさつ森へ入る

卯月某日・見渡せば新緑メラメラ樹海かな

卯月某日・てげてげの初音たよりに森へ入る

卯月某日・花いかだ下にはオタマの101ちゃん

卯月某日・群れもせでそれもよからふ花と酒

卯月某日・やり過ごすいい加減さや春の暮れ

卯月某日・・ホスピスやどこへ移りしはなみずき

卯月某日・よく見ればこまゆみおさおさ芽を付くる

卯月某日・歩キング馬酔木の下で一息す

卯月某日・ハイとなり滴る緑に潤ひぬ

卯月某日・春風や孫の下がりのベンツ駆る

卯月某日・つばめの子けなげに攻むる朝早し

卯月某日・青あらし芝生公園店開

卯月某日・分別を分別顔で初夏仕分け

卯月某日・道草や藤花こぼるるベンチ座す(つづく)

http://homepage1.nifty.com/tanakas/uyuu.htm.

|

« 気持ちシリーズ | トップページ | 希望表紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/40849350

この記事へのトラックバック一覧です: 駆けっ句365日生き急ぎ:

« 気持ちシリーズ | トップページ | 希望表紙 »