« 小児がんについて | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »

2008年3月14日 (金)

「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち お医者さんの気持ち」より抜粋

「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち お医者さんの気持ち」より抜粋

(企画・編集 宮崎大学医学部)

1.患者さんの気持ち

 

私の変わりに母に声を掛け励ましてくれて本当にありがとう看護婦さん。

自分の親のように足をさすっている姿、親身に声をかけてくれてありがとう。

あなたがいるから大事な母を安心して置いて帰れるの。

本当にありがとう。毎日ありがとう

家族から看護師への気持ち  しずく(31歳・女性)

当直の先生、“お疲れ”とは思いますが、寝ぼけ顔で診察しないで。

人の命がかかっているのですよ。

決して大ゲサではありません。

医師の気持ち 匿名(38歳・女性)

術後二年

 みんなに「ありがとう」と

  言える私に「アリガトウ」

私からみんなへの気持ち  山辺弘江(女性)

何度も針を刺し、ごめんねと言ってまた血管を探る

  ん?あ゛―と首をかしげる。

    逃げ出したい思いです。

看護師への気持ち マキコ(55歳・女性)

「辛いよね」 汗かいた震える手をぎっしりにぎって

言ってくれた看護師さん  ありがとう

茶々(18歳・女性)

千の風亡き母に呼びかけて見たくなり

亡き母に呼びかけても応えてくれず寂しさひとしお

ありがとう墓標に言っても遅し母の応え聞けず

母への気持ち 安竹廣一(66歳・男性)

癌のつらいところは手術や抗がん剤治療が終わっても

「これで全快」という気持ちになれないこと。

再発の不安を抱えて暮らさなくてはならないこと。

だから検査のあと「六年すぎましたね、大丈夫ですよ」という医師の言葉は

1億円もらうよりうれしかったテーマ・・

医師への気持ち 嘉女(66歳・女性)

数年苦しんだ父に 変わって一言

専門医への紹介が おそすぎました

医師への気持ち 病は気から(58歳・女性)

一番の 医療従事者 患者さん 自分の事を 大切にして

稲葉 厚子(49歳・女性)

過疎の村ですから、

公営の病院で赤字が出るのは、当然かもしれません。

が もし、命が算入できるとするなら計り知れない黒字ですネ。

私も、救って貰った一人です。

てらはら正(57歳・男性)

夢は逃げていかないよ

逃げているのは自分だよ

病気で夢を奪われても

また探す楽しみが増えたと思えばいいでしょ

ねっ、私

ベレー帽のキューピー(女性)

次号へつづき

|

« 小児がんについて | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/40499829

この記事へのトラックバック一覧です: 「患者さんの気持ち 看護師さんの気持ち お医者さんの気持ち」より抜粋:

« 小児がんについて | トップページ | 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 »