« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 | トップページ | 例会報告(子どものがんと小児科医) »

2008年3月14日 (金)

あとがき(2008/3/15)

  事 務 報 告

    223日(土)事務局・西安寺にて世話人会開催。会報「希望」第212号製本発送。、

    会報の製本等、お手伝いしてくださる方、事務局まで、ご連絡下さい。お待ちいたしております。

あなたらしく生きる

  あとがき  

今朝は早くから霞がかかっていて、また黄砂の襲来かと思いましたが実は濃霧のせいだったとか。湿気が多い大気に冷たい空気がふれてそうなったのだそうです。ある辞書によると、「霧」「靄(もや)」「霞(かすみ)」は発生的には同じであるが、見通しの程度、昼夜、季節によって区別されているようです。霧のほうが霞や靄よりも見通しが悪く、霞は昼間に多く用いられるし、霞は春、霧は秋というふうに区別されるそうです。これもあくまで相対的、便宜的なものでしょう。春から夏にかけてこれらに黄砂が加わることでまた違った様相を呈しているのが、近現代の特徴と言えるのかもしれません。

 今月の29日に例会があります。今回は小児科医の立場から見た「がん」についてのお話が聴けると思います。あるいは自分の切実な関心の外にあると考えていらっしゃる方も多いと思いますが、年齢に関係なく「がん」は発生するのだということを学習することも大事だと思われます。実際、小児がんに見舞われたお子様をお持ちの方がおられるかもしれません。お知り合いでそういうお方をご存知であれば、お誘い合せの上お出かけください。

桜の開花予想が出て、当地は3月末とか。ちょうど例会の時期と重なるかもしれません。                       312日 (T

北九州がんを語る会

事務局 〒803-0851 北九州市小倉北区木町2-12-34

西安寺 玉水秀孝()TEL093561-5320

HPアドレス 

http://ctnk7460.cocolog-nifty.com/nozomi/

 

(会費振込先)口座番号01760-1-83497

加入者名 北九州がんを語る会

郵送の場合は、玉水へ

|

« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 | トップページ | 例会報告(子どものがんと小児科医) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/40499953

この記事へのトラックバック一覧です: あとがき(2008/3/15):

« 「駆けっ句365日生き急ぎ」 烏有 | トップページ | 例会報告(子どものがんと小児科医) »