« 「浜口至代表をしのぶ会」に参加して | トップページ | あとがき(2007/1/15) »

2006年12月15日 (金)

故浜口至代表をしのぶ会報告

故浜口至代表をしのぶ会

-患者、家族が医療者と普段着でがんを語る-

日時:2006129日(土)13:3015:30

場所:北九州市小倉北区大手町11-4  

会場:ムーブ(男女共同参画センター)

主催:「北九州・行橋がんを語る会」

  遠方より故人にゆかりのある方々、そのご家族のみなさまなど20名近くの方々にお集まりいただけました。  

☆要約

①部屋の正面には故人の在りし日のカラー写真とお花、ピアノ演奏と和やかな雰囲気の中から始まりました。

②世話人紹介の後、参加されている方々の自己紹介がありました。どなたからも故人との忘れ得ない貴重な思い出話しをお聞きすることができ参加のみなさまには喜んで頂け、今日の機会を設けることができてよかったと感じました。

③現在熊本県八代在住の奥様より参加された方々へのお礼のメッセージ及び、故人の略歴、会での活動実績などが世話人より紹介あり、その後故人の生前のメッセージのいくつか又、2年前の故人80歳記念講演会時の肉声録音などがピアノ演奏「しかられて」と一緒に再現されました。

④「希望」に投稿していただいた方々からの故人への追悼文朗読(ご本人&代読)があり、故人を静かにしのびながら参加者同士が語り合う時間が持てました。参加者より、今後会へ期待することなど貴重で前向きなアドバイスがあり、その間「冬景色」をピアノ伴奏の下参加者皆で歌いました。

 当日はあいにくの雨で足元が悪い中、福岡、行橋、北九州近辺などから多数ご参集いただき感謝申し上げます。ピアノ奏者、井上わか葉様には雰囲気に合わせた素敵な唱歌、童謡をたくさんメドレー演奏していただきありがとうございました。

 会の代表を失って残された世話人一同は、舵を失った船のように大海をさまよっています。今後、故人の「思い、遺志」を世話人一同よく勉強理解しながら、例会の開催、会報の発行などを肩肘張らずに続けていく予定です。会の活動を通して患者さん、ご家族の方々、医療従事者の方などと情報を共有し合いながら一隅を照らしていきたいと考えています。どうぞ皆様にはこれまで以上のご支援お力添えを賜りたく、よろしくお願い申しあげます

    外は雨内なる展がりしのぶ会 烏有      (文責 田中七四郎)

       「北九州・行橋がんを語る会」世話人一同

                                    

|

« 「浜口至代表をしのぶ会」に参加して | トップページ | あとがき(2007/1/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/13079305

この記事へのトラックバック一覧です: 故浜口至代表をしのぶ会報告:

« 「浜口至代表をしのぶ会」に参加して | トップページ | あとがき(2007/1/15) »