« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月に作成された記事

2006年10月15日 (日)

「濱口さんの思い出」

「濱口さんの思い出」

医療法人 矢津内科消化器科クリニック  矢津 剛

 濱口さんとは10年来のおつきあいでした。そして濱口さんは在宅ホスピスを恐る恐る始めようとしていた僕の背中をそっと押していただいた人物でもありました。信じられないことですが10年前在宅で末期がん患者を看取ることは、まだ無謀な行為と謂われかねない時代でした。恐る恐る在宅ホスピスをやり始めたその頃、いきなりクリニックへ訪れてきて、頑張ってくださいと掠れ声で励まされ勇気づけられたことを思い出します。そのとき濱口さんは、静か物腰にもかかわらず、眼光鋭く迫力がありました。初対面の私にご自分の喪失体験をお教えいただき、ホスピスケアを支援する活動を何故しなければならないのかを語られ、しかも牧師というお仕事をされているのにもかかわらず、布教のための活動でないこともきっぱりお話されていました。それは、達観した宗教者の立場ではなく、悩み苦しむ人の立場からの共感が支える行動でした。

 その後、濱口さんには、NPO北部九州ホスピスケアの会の活動にもご支援いただき、何度か北九州でのシンポジウムも共催させていただきました。この5年間は、この京築地域に施設ホスピスをぜひ作るようアドバイスしていただいていました。幸い、今年アパート型ホスピスとして在宅ホスピス支援ハウス「ひと息の村」が完成しましたが、ちょうどその時、僕に推進するようご指導いただいた在宅ホスピスをご自身がご経験いただき、その後、設立に奔走された北九州医療センターに於いて濱口さんは天堂へ逝かれました。

いつの間にか秋も本番となり、濱口さんを思い出しながら良寛さんの句が重なります。

うらを見せ おもてを見せて 散るもみぢ  良寛

一市民の立場でありながら力強くご指導いただきましたことに深謝するとともに、こころよりご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あとがき(2006/10/15)

◇◇ あ と が き ◇◇

 中秋の名月も過ぎ、月は少しずつ欠け始めましたが空気が澄んでいて晧々と輝いています。夜はひんやりとしますが、日中はまだ暑いくらいです。さわやかな秋日和です。秋明菊や萩やコスモスが咲き誇っています。派手さはありませんが、藤袴や水引草も茶花として重宝しています。寒暖の差が大きいから風邪など召している方はいらっしゃいませんか?

 昨日は北朝鮮が核実験を行ったとかで全世界に衝撃が走りました。アメリカやロシアや中国、インドなどの大国が行った時はこれほど騒がれないのに、パキスタンや北朝鮮などのある意味弱小国がやったとなると、全世界が注目するのは何故でしょう。北朝鮮の当事者から言わせると、お前達も勝手にやっているじゃないかという反論が聞こえてきそうな気もします。これからイランも黙っていないような気がして世情の混乱にますます拍車がかかってくるかもしれません。混迷の度を深めているイラクも、はじめは核開発疑惑から始まりました。フセイン政権は倒れましたが、イラク国内は泥沼化して収束の目途は立っていません。駐留しているアメリカ軍の若い兵士達も、かつてのベトナム戦争のように何のための戦争なのか分からなくなりつつあるのではないか。同時多発テロへの報復のためというには少し無理があるように思われます。

 これからどんなことが突発的に起ころうとも、冷静に事の真相を見究めることが大事なように思います。「討つ人も 討たれる人も 諸共に 如露亦如電 応作如是観」です。

1010日 (T

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »