« 特集(病むこととキャノンの「からだの知恵」 | トップページ | 例会報告(患者目線の医療について) »

2006年3月25日 (土)

「メメント・モリ ~よく生きて、よく死ぬために~」ご案内

☆この会でも、大変ご協力をいただいております、作家・倫理学研究者の波多江伸子さんが、この度、朝日カルチャーセンターで、特別講座を行いますので、お知らせいたします。

ご 案内

「メメント・モリ ~よく生きて、よく死ぬために~」

(1)日 時   45日(水)10001200

演 題  「余命6ヶ月」に備える

        「がん告知は当たり前」「ショックの少ない告知の受け方」

「余命6ヶ月の楽しみ方」「三人称の死に学ぶ」など

(2)日 時   4月19日(水)10001200

演 題   代替医療とターミナルケア~「効く」とは何か

現代医学では治す方法がない患者・家族は代替医療に頼ろうとします代替医療を体系的に学び、余命を生き抜くための情報と知恵を身に付けます。

(1)・(2)のいずれの開催場所・受講料は下記の通りです

場 所  朝日カルチャーセンター 

        〒802-0077 北九州市小倉北区馬借1-3-9

        井筒屋事務館 23階 

        TEL093-521-8381

受講料  各回 2310円 (会員2100円)

  講 師  波多江伸子さん

※メメント・モリ(memento mori)とは、「死を想え」というラテン語の格言

|

« 特集(病むこととキャノンの「からだの知恵」 | トップページ | 例会報告(患者目線の医療について) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/9253807

この記事へのトラックバック一覧です: 「メメント・モリ ~よく生きて、よく死ぬために~」ご案内:

« 特集(病むこととキャノンの「からだの知恵」 | トップページ | 例会報告(患者目線の医療について) »