« 月刊がん2006/2月号記事 | トップページ | 特集(病むこととキャノンの「からだの知恵」 »

2006年2月19日 (日)

あとがき(2006/2/15)

☆事 務 報 告

     1 14日(土)事務局西安寺で世話人会開催。会報製本。

     1 14日(土)会報「希望」第187号発送。

     3月1日に例会でお話をしてくださる勝本先生の新聞記事を掲載しています。

あなたらしく生きる

◇◇ あ と が き ◇◇

十二月の早すぎる寒波が影響したのでしょう、やはり梅の花の開花が大幅に遅れてしまいました。まだチラホラといった程度です。こんなに遅いのは記憶にないくらいです。遅咲きの梅は、もしかしたら桃の花と一緒に咲き乱れるかもしれません。そう
いえば水仙の花もずいぶん遅れてしまいました。さて桜の花はどうなるのでしょう。今から楽しみといえば楽しみだと言えなくもない。
 ひところ話題になった本に「バカの壁」(養老孟司)というのがありましたが、最近おなじ著者による「超バカの壁」が出ました。「バカの壁」とは、自分と自分を囲むすべての人やものの間に自分勝手に垣根・壁を作り、その自分とやらを中心にして生きてゆこうとする一部の現代人のありかたを指して言っているようです。私にも思い当たるところがあって、今年で26歳になろうとしているのに、未だフリーターをしながら東京で公立高校の教師をめざしている長男がいます。傍から見れば何ら問題はないようにみえますが、はやく小倉に帰ってきて私の後継者にと願っている私としては頭痛の種なのです。長男もさることながら、私自身も何らかの壁を作っているのではということです。私も息子に三年間の猶予を与えていて、今年が最後の年になります。「バカの壁」をどうやって超えるか。今年は私にとっても息子にとっても正念場の年となりそうです。                   2月15日 (T

|

« 月刊がん2006/2月号記事 | トップページ | 特集(病むこととキャノンの「からだの知恵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/8739443

この記事へのトラックバック一覧です: あとがき(2006/2/15):

« 月刊がん2006/2月号記事 | トップページ | 特集(病むこととキャノンの「からだの知恵」 »