« あとがき(2005/10/12) | トップページ | 駆けっ句365日生き急ぎ »

2005年10月28日 (金)

例会報告(ホスピス、緩和ケア)

10月の例会報告

-患者、家族が医療者と普段着でがんを語る-

日時:20051022日(土)14:0016:30

場所:

北九州市小倉北区木町2-12-34

 

会場:西安寺

講師:聖ヨハネ病院 院長 本島由之氏

演題:北九州における緩和ケアの現状

主催:「北九州・行橋がんを語る会」

  新聞をご覧になって初めて参加された方など10数名の方々にお集まり頂きました。

  講師は、北九州緩和ケア研究会代表世話人でもあります本島由之さんです。

「ホスピス、緩和ケア、という言葉は医療従事者さえも、イコール死ぬ場所などというまだまだ誤解が多い。自宅で過ごせない方が良い時間を過ごしていただく場所であり、決して自宅へ戻れない場所ではない。ホスピスでは痛みなどのコントロールはするが、病気そのものの処置はしないところ。」と本島さんのお話しは始まりました。

☆要約

①全国にホスピス(緩和ケア病棟)は151施設、2,846床ある(2005/10/1現在、本島氏調査)。内、北九州市内には4施設(市立医療センター、聖ヨハネ病院、新日鉄八幡記念病院、九州厚生年金病院)、70床(同上)あり、1病院(施設)には平均1520床がある。

②ホスピスは、市立医療センターのような複合型と、聖ヨハネ病院のような独立型とがある。後者は、全国に4箇所(北九州、別府、京都、神奈川県)しかなく、今後は新設されないであろう。そこでのメリットは、医療従事者を含むチームとしての目的意識が明確で一致していることであろう。

②国は最期の看取りの1ケ月は在宅へ、の方向にある。実現するにあたっては、受け皿となる開業医が十分か、往診は可能か、自宅での点滴等管理は可能か、など課題は多い。本島さんは、在宅2人まで、片道30分以内、を基準に決めているとのこと。

1ケ月の出費は、主に医療費や食費、差額ベッド代がかかり、入院した場合は、老人保険の対象の人は、毎月63,600円を上限に、14,560円を負担することになる。このほか差額ベッド代やおむつ代、家族の食事や宿泊代などは、各ホスピスが独自に料金設定をしている(「ホスピスってなぁに?」第7版、NHK厚生文化事業団発行、29ページ)。

④ホスピスでは、痛みが出ないようにすることは90%コントロールできる。患者さんの要求にいかに応えていくかを日夜追求している。モルヒネは鎮痛のときのみならず呼吸困難な情況のときにも効果がある場合がある。

☆所感

   ・ホスピスへ行くことだけがいいことではない、と本島さんは話されていましたが、患者にとっては、TPOに応じて選択の幅が広くあるというのは安心の一つである。参加者の方から、アガリクスなど民間療法についての考え方や、余命、告知などについての真剣な質問などがあり、丁寧にお答えいただき、有益で熱心な討議がなされました。

・さいごに会へ過分なご寄付まで頂戴し感謝申し上げます。

    ホスピスの憂ひすさまじ外は雨 烏有      (文責 田中七四郎)

|

« あとがき(2005/10/12) | トップページ | 駆けっ句365日生き急ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/6699312

この記事へのトラックバック一覧です: 例会報告(ホスピス、緩和ケア):

« あとがき(2005/10/12) | トップページ | 駆けっ句365日生き急ぎ »