« 事務局便り、あとがき(2005/6/15) | トップページ | 春夏秋冬(電話相談の中から-2-) »

2005年6月28日 (火)

講演会報告(切らずに治すがん治療)

重粒子線がん治療講演会報告

-切らずに治すがん治療-

日時:2005625

(土)13:3016:30

場所:

北九州市小倉北区浅野

 

会場:西日本総合展示場

講師:放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター 佐藤幸夫氏、辻井博彦氏

演題:重粒子線がん治療について

主催:独立行政法人 放射線医学総合研究所(放医研) 

  講演は主催者発表で1,000名超の参加申し込み者があり、九州地区で初めての開催とのこともあり、開演前より会場は暑い熱気が感じられた。

①重粒子線がん治療は、新しい放射線治療の一つで、従来より治療効果の大きい放射線を用いている。従来のX線やガンマ線は、身体表面近くで最も強く、深く進むにつれて減弱する。重粒子の場合は、エネルギーに応じてある深さで急に強くなるが、その前後は弱いので、ピークの部分をがんの患部に合わせることにより、正常組織への障害を少なくすることができると考えられている。重粒子線治療は、病巣への放射線の集中度が良く、がん細胞に対する致死効果が高いといえる。

②放医研では、世界で初めて医療を目的とした重粒子線がん治療装置を開発、建設した。生物学的効果(細胞致死作用)が高く、酸素濃度が低くても効果のある重粒子線治療は、局所進行がんや、従来の放射線ではビクともしなかった酸素濃度の低いがんに対して効果が期待できる。

③放医研の重粒子医科学センター病院の臨床試験ではほとんどの部位で他の治療法では治癒が見込めない症例を治療対象としているが、特にX線に抵抗性を示す腫瘍(線がん、線様嚢胞がん、悪性黒色腫、肝細胞がん、肉腫など)で顕著な有効性が認められている。これまでの臨床試験の中で、線量増加試験や安全性をみるための試験(第Ⅰ相試験)がすでに終了し、かつ第Ⅱ相試験(治療効果の確認)としても充分な実績が登録されたものについては200310月、厚生労働省から高度先進医療として承認されている。

所感

①重粒子線がん治療法は、他の治療法で十分に治療が期待できるがんや、すでに他

部位に転移しているがんまたはその傾向の強いがんは、治療の適応にならないという制限事項があるので注意。

②今以上に正常組織への影響を減じる技術革新を期待したい。

③最先端のがん治療法は、国内唯一の研究機関は千葉市にあり、現状他の治療法に比べて費用負担が割高である。

夏休み微熱のわけを検査せむ 烏有      (文責 田中七四郎)

|

« 事務局便り、あとがき(2005/6/15) | トップページ | 春夏秋冬(電話相談の中から-2-) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104187/4749199

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会報告(切らずに治すがん治療):

« 事務局便り、あとがき(2005/6/15) | トップページ | 春夏秋冬(電話相談の中から-2-) »